日本発のビットコイン売買アプリ!bitFlyer が iPhone アプリをリリース

日本のビットコイン販売所 bitFlyer がついに iPhone アプリをリリースしました。

「bitFlyer」はiPhoneでのビットコイン取引を可能にするアプリケーションです。スピーディーで直感的な操作性を実現し、ユーザーはアプリで資産状況、マーケット情報、チャートを確認したり、Webサービス上で購入したデポジットとbitFlyerの所有するビットコインを交換したりすることができ、ビットコイントレードに欠かせない機能を搭載したアプリケーションです。

アプリは無料で提供されています。bitFlyer で売買をする人には欠かせないアプリになります。

日本のビットコイン関連サービスが充実してきました。大きく普及していくための準備が整ったと言えるのではないでしょうか。

ダウンロードはこちらから可能です。

BitPay がスマートフォンをビットコイン対応レジにするアプリを公開

BitPay が、ビットコイン決済にとって重要な製品をリリースしました。

Bitcoin Checkout is designed to be both fully-featured for solo use and simple to use alongside existing point-of-sale systems. Merchants can start accepting bitcoin today — even if their vendor isn’t among the Bitcoin Point-of-Sale Integrations we currently offer.

今回リリースされた Bitcoin Checkout は、スマートフォンをビットコイン対応レジにするアプリです。Square を使えばスマートフォンがクレジットカード対応のレジになるのと同じく、Bitcoin Checkout を使えば店頭でビットコインを受け取ることができます。

BitPay はビットコインに対応した本格的な POS システムを提供していますが、今回のアプリは小規模な店舗のビットコイン対応を実現します。

With Bitcoin Payment Protocol support, payments are sent and verified instantly, and with NFC support, payments are as simple as one tap.

NFC にも対応しています。NFC 搭載の Android 端末であれば、NFC を使った決済が可能になります。動作の様子は動画で公開されています。

Apple Pay が先行すると予想される NFC 搭載スマートフォンによる決済サービスにおいて、ビットコイン勢からも強力なプレイヤーが参加したことになります。iOS 端末の NFC は、Apple Pay 以外には開放されていません。そのため現状では NFC を使った機能を利用できませんが、将来的な対応を期待したいと思います。

ビットコインと Apple Pay の比較で考える決済の未来

昨日の Apple の発表を受けて、Apple Pay でビットコインはどう変わるのかを考えました。このテーマはビットコイン関係のコミュニティーでも活発に議論されており、インフォグラフィックスも作られています。

要点

Apple Pay の潜在的な市場は

BItcoin_vs_ApplePay1

Apple Pay が使える Apple 製品は限られているので、その点を追記しています。要するに、Apple Pay が使える人は非常に限られているというデータです。

一方でビットコインは

  • SMS を使ってどんな携帯電話にも送ることができる
  • つまり70億人(というか地球人全員)に対して使えるようになる可能性がある

結局どっちの方が可能性が大きいの?

このインフォグラフィックスの言いたいことはよくわかりますが、ちょっと強引だという印象です。SMS でビットコインを送金できる対象が全体というのは言い過ぎかと思いますし、また、ビットコインを入手する環境や使用する環境も考慮されていません。ビットコインを使うことが可能な端末がどれぐらいあるか、という点のみを説明したデータになります。

使えるかどうかと、実際に使うかどうかは全くの別問題です。実際に使ってもらうためには、使いたくなってもらう必要がありますし、そのためには使うメリットを圧倒的にわかりやすく説明する必要があります。

Apple Pay は、クレジットカード登録の流れ、指紋認証を使った本人確認、NFC を使った簡単な決済など、全体がうまく設計されています。また、普及させるためのマーケティングも Apple が得意とするところです。現状では市場規模が小さくても、今後の伸びていく可能性は大きくあります。

アメリカを中心とした、金融、インターネット、流通などのインフラが整っている環境では、Apple Pay が他を圧倒する存在に成り得ます。

重要なのは、ビットコインがどういうポジションを目指していくかという点です。仮に Apple Pay が普及したとしても、ビットコインにはビットコインの良さ、特徴があります。それは Apple Pay の実質的な決済手段となるクレジットカード等では、決して実現できないものです。Apple Pay とビットコインの組み合わせが実現するか、あるいは Apple Pay のライバルとなる Google、eBay(PayPal)、Amazon などの決済サービスがビットコインに対応すれば、ビットコインにとっての追い風になります。

Apple Pay の良さをしばらく享受できない国や地域では、引き続きビットコインに大きなチャンスがあります。特に、人口が多く、金融面のインフラがまだ整っていない場所ではビットコインが果たす役割が多く残されています。Apple がそういった市場を開拓することは考えにくいため、ビットコインに対する期待も高まります。

結論として、決済の手段として考えた場合、Apple Pay にもビットコインにも違った良さ、強みがあり、両者の果たす役割は大きいということがはっきりしました。同時に、従来からあるお金を支払うという行為が、オンライン・実店舗を問わず、革命的に変わっていく可能性に現実味が出てきました。この変化の中心にいるのがビットコインだという認識に変わりはありません。

2015年前半には、実生活の中でこの変化を感じられるようになるのではないでしょうか。

Via Coinapult’s infographic on Bitcoin vs ApplePay : Bitcoin

eBay が動く!PayPal の公式プロモーション動画にビットコイン

ついに巨人が動き始めました。以前に伝えた Braintree に関するニュースが、ついに実現します。

We can spend bitcoin with a tap

PayPal の公式チャンネルに投稿された動画の中で、ビットコインを使えるという表現が出てきます。

この動画は、PayPal の子会社 BraintreeCoinbase の提携を意味しています。

Today at TechCrunch Disrupt in San Francisco, we announced the general availability of One Touch™ mobile payments with PayPal, the industry’s first and only single touch payment experience on iOS (and in public beta on Android).

Braintree は、iPhone の画面を数回のタッチをするだけで支払いができる製品を発表しました。その際、ビットコインでも支払いができるようになるというのが今回の動画が意味しているところです。

We’re happy to announce a new partnership with online and mobile payments platform Braintree that will enable its vast portfolio of merchants to begin seamlessly accepting bitcoin on any device. Developers at Coinbase and Braintree will be working together closely to complete the integration in the next few months.

ビットコインを採用するために、Coinbase との提携が発表されています。Braintree が決済機能を提供している店舗に対して、ビットコインを新たな選択肢として提供する計画です。

実店舗への展開という意味ではまだまだですが、Braintree が得意とするオンラインのショッピングサイトや Web アプリなどで、ビットコインが使える場所が増えます。ビットコイン決済の市場に、大きな変化が訪れようとしています。

参考リンク

Firefox の格安スマートフォンが途上国のビットコイン事情を激変させる可能性

Firefox OS を搭載した格安スマートフォンが、ついに市場に投入されました。インドで販売されています。

Mozilla, the company behind the Firefox web browser and Firefox OS, recently launched its first smartphones in India for the affordable price of $33. The phone is known as the Intex Cloud FX, and it could do more for Bitcoin adoption in the developing world than any of the high-profile startups in Silicon Valley.

価格は $33 です。日本円で、およそ3,000円強です。iPhone や多くの Android 搭載スマートフォンと違って、圧倒的な安さが魅力となっています。この出来事をきっかけに、いち早く変化を起こしそうなのがビットコインです。

金融のインフラが十分に整っていない国や地域でも、このスマートフォンがあれば、ビットコインを送ることが出来ます。iPhone や Android にはすでに多くのビットコイン関連アプリが登場していますので、Firefox のスマートフォンからでも世界中の取引相手とビットコインをやりとりできるのです。

このインパクトは非常に大きいと予想しています。Firefox フォンも途上国でのビットコイン流通もはじまったばかりですが、今後は加速度的に影響力を増すことでしょう。
Firefox OS だけではなく、Android 系のスマートフォンも新興市場を狙って製品展開をしています。また、ビットコインのモバイルアプリも、日々良い物が登場しています。新たな、そして大規模なユーザー獲得を期待できる市場に向けて、ビットコイン関連のプレイヤー達が新興市場のインターネット事情やモバイル端末のシェアを考慮して、製品を開発していくこともあり得ます。実際、BitPagos は南米に特化しています。

Firefox OS seems like an operating system begging for a Bitcoin app, and Mozilla definitely understands the power of digital currencies in emerging markets. The company featured the Bitcoin logo as a placeholder for the types of apps that are available on the phone in an advertisement released in late 2013 (see below). There are currently two Bitcoin wallets on the Firefox Marketplace, and the number of Bitcoin apps available in this app ecosystem is bound to grow as these phones are put into the hands of more people in developing countries around the world.

さらに注目すべきは、Firefox OS の PR 動画です。動画は2013年に公開されたものです。その中に、ビットコインが登場しています。Firefox OS は、得意とする市場を把握していますので、その市場でのビットコインの重要性をいち早く意識していたのです。
その影響もあり、すでに Firefox OS 向けにはビットコイン関連にアプリが複数登場しています。

Firefox OS の PR 動画はこちらです。

この流れを見通して、The United States Mint(アメリカ合衆国造幣局)のトップを務めた Edmund C. Moy 氏も Twitter で発言をしています。

今後のインド市場、そしてアジア市場でのビットコインの急拡大を予想した発言です。

低価格スマートフォンが世界に与えるインパクトは、非常に大きくなっています。

ついに!Blockchain の iOS 用ウォレットアプリが復活

かつて Blockchain のアプリが Apple に排除されて、ビットコインと Apple(iOS)との冬の時代が始まりました。

今年の WWDC で風向きが変わり、一転してビットコインに寛容になった Apple ですが、ついに Blockchain の新アプリが登場する日を迎えました。

Blockchain の CEO も狂喜乱舞しています。

アプリはこちらから無料でダウンロードできます。

ビットコインウォレットサービス GreenAddress の iOS アプリがついに登場!

GreenAddress の iOS アプリがまもなく登場というニュースをお伝えしていましたが、ついに正式リリースとなりました。こちらから無料でダウンロードできます。

日本の Apple App ストアでも配信中です。さっそくダウンロードしてみましたが、無事に起動できました。

GreenAddress といえば、強化されたセキュリティーなど様々な特徴があります。詳細については、GreenAddress の紹介記事をご覧ください。

iOS のウォレットアプリが続々登場します。さらに今年の秋に登場予定の iOS8 では、指紋認証が使えるウォレットアプリが登場する可能性もあります。いまから楽しみで仕方ありません。