ビットコインの価値は今後上がる?Coinbase の評価額は $400M

Coinbase が新たな資金調達を進めているとの情報が出ました。

Coinbase, a company that lets people store and buy the digital currency bitcoin, is in the process of raising a giant new investment that will value it around $400 million, multiple sources told Re/code.

今回の調達において、評価額は $400M(約460億円)との情報です。ビットコイン関連企業の評価が上がっています。

この評価額について、ビットコインの市場価値と比較して不釣合いなのではないかという意見も出ています。

$400M だと、ビットコイン全体の価値の10分の1に匹敵するという指摘です。ビットコインの価値はもっと大きいはずです。

つまり、Coinbase の評価額を起点として考えると、ビットコインの価格はまだまだ上だということになります。

非常に良い指摘だと思います。ビットコインの市場価値が冴えない日々が続いていますが、仮想通貨の市場で勝負をしている Coinbase を投資家が $400M と評価した事実が出来上がることになります。情報の通り資金調達が成功した場合は、です。

この評価は、短期的なビットコインの価格に影響を与えるのでしょうか。資金調達が正式に成功するまで、引き続き見て行きたいと思います。

Via Valuations: Coinbase ~ $400 mil, Bitcoin ~ $4,000 mil; so Coinbase ~ 10% Bitcoin? Coinbase overvalued, or Bitcoin undervalued? : Bitcoin

ビットコイン関連のハードウェアメーカー BitFury が $20M を調達

採掘用のハードウェアなど、ビットコイン関連のハードウェア及びサービスを提供している BitFury が資金調達を行いました。今回の調達金額は $20M(約20億円) です。

BitFury Group, the leading Bitcoin infrastructure provider and transaction processing company, announced today that it has committed to spend $20 million sourced from external and internal sources to continue its strong momentum as the leader in cryptocurrency transaction processing. The majority of the funds came from external sources, with significant interest from highly respected venture capitalists and individual investors including prominent venture capitalist Bill Tai, former CFO at VeriFone and President at Flextronics Bob Dykes, and co-founder of Google Maps Lars Rasmussen.

BitFury の調達は2014年に入って2度目となり、トータルの調達金額は $40M(約40億円)となります。

ウォレットや決済サービス以外のビットコイン関連企業が資金調達を成功させたことは、市場全体の盛り上がりを考えると非常に意味のある事です。

Blockchain が $30M を調達

ビットコイン関連企業の資金調達が続きます。Blockchain も、大型の調達を実行しました。

The world’s largest bitcoin wallet provider, Blockchain, has been a bootstrapped startup so far. But the startup eventually accepted VC money, raising a little bit over $30 million from Lightspeed Venture Partners, Wicklow Capital and others.

Blockchain は短い歴史のビットコインにおいて、老舗と言える企業です。その Blockchain が、遂に資金を調達しました。金額は、日本円で約30億円です。

Richard Branson, Mosaic Ventures, Prudence Holdings, Future Perfect Ventures, and angel investors, such as Rafael Corrales of CRV, Amit Jhawar of Braintree and Nat Brown also participated in the round.

大物投資家も名を連ね、BitPay や Xapo に並ぶ規模の調達を実現しました。

“We are going to scale our product engineering team, we are going to build new features,” co-founder and president Peter Smith told me in a phone interview. “And for the first time ever, we are going to spend money on marketing.”

製品開発と、マーケティングのために資金を活用するとのことです。

ビットコインのマーケティングに資金を使う企業が増えてきました。価格は下がっていますが、今後も注目が集まることが期待できます。

韓国のビットコイン取引所 Korbit が SoftBank 系 VC から $3M を調達

韓国の Korbit は、ビットコインの取引所を中心に様々な関連製品を提供しています。その Korbit が、韓国の SoftBank 関連 VC から資金調達をしました。

Korbit has announced a $3m Series A funding round, led by Softbank’s VC arm Softbank Ventures Korea.

発表されている金額は $3M です。日本円では、おおよそ3億円になります。

The first bitcoin-to-Korean Won exchange, Korbit had previously received a seed funding round of $400,000 in January, which brought its funding total at the time to $600,000 in angel investing overall. Although it offers an English-language version of its website, Korbit’s services are targeted at the Korean domestic market.

韓国のウォンで取引ができる取引所として、韓国市場にフォーカスして拡大を目指す方針とのことです。2014年1月にもシードラウンドの資金調達を実行し、トータルで $600,000 を集めていました。日本円では約6,000万円です。今回の調達金額もあわせて、さらなる事業拡大を目指します。

今回、SoftBank が出資したことは非常に良いニュースです。韓国に限らず、日本でもこのような事例が起こる可能性は十分にあります。

中国と比較すると、日本や韓国のビットコイン関連スタートアップはこれまであまり目立っていませんでした。しかし、2014年の下半期に入ってからは、注目に値する製品やスタートアップが登場しています。東アジア全体で、ビットコインが盛り上がる準備が整ったとも言えます。

ブロックチェーン情報を配信する Chain が $9.5M を調達

ブロックチェーンの情報を開発者に提供している Chain が資金調達を実行しました。

Block-chain API provider Chain has raised new investment of $9.5m, bringing its total funding so far to $13.7m.

調達金額は、$9.5M(約9億5千万円)です。これによって、トータルの調達金額は $13.7M(約13億7千万円)となります。CrunchBase にも詳細があります。

The company, which helps developers build bitcoin apps by providing fast access to the block chain, received the funding from a number of investors including Kevin Ryan, Barry Silbert, Scott Banister, Homebrew, 500 Startups and Pantera Capital.

Chain は、開発者がブロックチェーンの情報にアクセスするための API を提供しています。Chain のおかげで、開発者はビットコイン関連のアプリを作りやすくなります。今回の投資をした個人投資家や VC も公開されています。ビットコイン関連スタートアップにも積極的に投資している、500 Startups も含まれています。

先日の Coinbase による Blockr.io 買収のニュースもそうですが、どんどんビットコイン関連スタートアップのエコシステムが形成されてきていることが読み取れます。ビットコイン関連の製品を開発する環境が整い、イグジットの実例も出てきました。

この流れは、今後もビットコイン関連スタートアップの資金調達を後押しすることになります。新しい波が来ています。

それにしても、Chain は良いドメインネームを持っていますね。

Xapo がさらに $20M(約20億円)を調達して BitPay 以上の資金力を持つ

セキュリティーを重視したビットコインウォレットサービスや、ビットコインデビットカードで知られる Xapo が大型の調達を発表しました。

Online wallet provider Xapo has raised its funding total to $40m, leapfrogging BitPay to become the best-funded bitcoin startup to date.

今回調達した金額は、$20M(約20億円)です。トータルの資本金額は$40M(40億円相当)となり、BitPay の$32.5M強を抜いて、ビットコイン関連スタートアップとしてはトップの金額になります。

Announced today, the startup’s second Series A-1 funding round took $20m in total. Spearheaded by Index Ventures and Greylock Partners, the round also included Emergence Capital Partners, venture capitalist Yuri Milner, PayPal co-founder Max Levchin and former Yahoo! CEO Jerry Yang.

Back in March, Xapo’s initial round was led by Benchmark Capital, Fortress Investment Group (FIG) and Ribbit Capital. At the time, it was the second-biggest funding round in the bitcoin space.

BitPay 同様、Xapo にも強力な VC、投資家がついています。Yahoo! の Co-Founder Jerry Yang の名前もあります。

Xapo と BitPay の調達の内訳や投資家に興味がある場合は、CrunchBase で確認できます。

BitPay は、提携やプロモーション、ビットコインの普及に大きなアクションを起こしていますので、今後の Xapo の動きにも関心が高まります。

衝撃の急展開!オークションの勝者からのメッセージ

ついに落札者が判明しました。そして急展開です。

まずは、CoinDesk の記事を引用します。

Investor Tim Draper, managing director of VC firm Draper Fisher Jurvetson and the winning bidder in the 27th June auction of roughly 30,000 BTC conducted by the US Marshals Service, held a press conference today where he provided new details about his plans in the bitcoin space.

オークションの勝者は、投資家の Tim Draper 氏でした。そして、落札の意図を発表しています。

要点としては、今後ビットコインのさらなる流通をを目指す事今後はビットコイン関連のスタートアップに集中投資する事が挙げられます。つまり、超強力なプレイヤーが本気でビットコインを普及させる事に集中するということがはっきりしました。

SecondMarket や Winklevoss 兄弟、あるいは BitPay だけではありません。この7月を起点に、さらなる加速が起こっています。

MarketHacks でも、この一連の動きについて紹介されています。

Tim Draper 氏のプレスカンファレンスの様子は、こちらです。

ビットコインで $700,000 の資金調達をしたハードウェアスタートアップ

IoT(Internet of Things)時代と言われるほど、ハードウェア系スタートアップの勢いが増しています。そんな中、ついにビットコインで資金調達をするハードウェアスタートアップが登場しました。

TechCrunch に紹介されています。

CubeSensors, a Slovenian hardware startup that is making mini environmental sensors for homes, has just received a $700,000 seed round from the founders of BTC payments platform, Bitstamp. The cash came in the form of crypto currency.

CubeSensors は、小型の空気センサーです。目に見えない室内の環境のを視覚化するためのハードウェアです。その CubeSensors が、Bitstamp の創業者から $700,000 をシードマネーとして調達しました。約7千万円程度です。すべて、ビットコインで支払われるとのことです。

いまは空気センサーという製品ですが、Bitstamp の創業者が資金を出すことによって、今後の方向性に少なからず影響があるものと考えられます。今後の製品ラインナップに注目したいと思います。

IoT とビットコインの融合は、新しい流れを生む可能性を秘めています。ハードがよりスムーズにお金を扱えるようになるとき、社会のお金の流れはどのように変わるのでしょうか。