Square のビットコイン決済についての詳細が明らかに

Square がビットコイン決済を導入というニュースの続報です。CoinDesk がその詳細を記事にしているので紹介します。

興味深いのは、ビットコインの流れです。

“The merchant will not know if the buyer bought an item using bitcoin since they get paid in dollars.”

Square 経由で顧客から店舗にビットコインを使って支払いが実行された時、店舗にはドルで入金されるようです。そのため、店舗側はビットコインで支払われたのかどうかわからないとのことです。

The company is processing payments through San Francisco-based bitcoin wallet provider Coinbase, so its merchants will not have the ability to hold bitcoin. It was not clear if the dollars that the merchant receives will be sent from Square or Coinbase.

内部的には、Coinbase でビットコインとドルの取引が行われるとのことです。最終的に店舗に入るお金は、ドルとなります。ビットコインのままで支払いを受け付けることはできないようです。

この流れであれば、ビットコインへの理解が行き届いていない状態でも全店舗でビットコインを扱うことが可能になります。ビットコインで支払いたいというニーズを実現しつつ、店舗側のビットコインに対する認知不足や不安を回避する、適切な妥協案ではないでしょうか。

ビットコインを導入したら売上がアップしたというレポートはこれまでにもいくつか紹介してきました。ビットコイン所有者と親和性が高い分野の商品を取り扱っている場合には、数少ないビットコインが使える場所として効果的な宣伝になっていました。Square や Stripe が取り扱いを始めることで、顧客からの注目やビットコインの流れは分散していくことが予想されます。それでも、早期にビットコイン決済を導入した決済ツールの方が、取扱量が増えることになりそうです。

Shopify に出店している店舗もビットコインを決済オプションとして取り扱うことができます。日本の決済サービスや B2C/C2C のマーケットプレイス各社も、ビットコインの取り扱いをはじめてくれることを期待しています。

コメントを残す