ビットコイン相場チャート分析 – 2016年3月16日

2016年3月16日のBTC/JPYチャート分析

レンジ上限付近でレンジ。はっきりしない動きが続く。

3月15日のビットコイン相場は、レンジ上限トライから少し上抜けしたものの、レンジ上限付近でのもみ合い継続。日足は陽線だが勢いもなくたいして意味のないローソク足を形成。

スクリーンショット 2016-03-16 9.31.22

BTC/JPYの1時間足チャート。レンジ上限付近でもみ合い。

47,700円付近のレンジ上限を軽くブレイク後、次はそのラインを中心に上下にふる動き。まだ次に繋がるような動きは見せていない。やはり48,300円を明確に超えてこないと上ブレイクとは市場がみなさないのかもしれない。

47,000円のレンジ上限だった価格でサポートされるような動きを見せた時はロングを入れるつもりでチャートを見ている。そして上昇した時は、48,300円付近の動きに注目して無理そうなら決済という流れになる。逆に48,000円を超えずに直近の安値を割れてきた場合は、レンジ下限までの下落を視野に入れてチャートを見る。

今朝の日経で、「GMOメディアのビットコイン決済導入」がニュースになっていた。DMMやGMOなどネット系企業のビットコイン決済導入が進む中、大手ECサイトや大手実店舗での導入が大きな変革のタイミングになるような気がしている。

Chart: bitflyer  ローソク足,  MA:10 25 75 ,  MACD 12,26,9

コメントを残す