ビットコイン相場チャート分析 – 2016年2月4日

2016年2月4日のBTC/USDチャート分析

左上:15分足 右上:1時間足 左下:4時間足 右下:日足

三角持合を下にブレイク。強さはない。

昨日のBTC/USDは、若干の下への動き。今朝の動きでは$365台に。直近安値の$363台までもう少し。下値を狙っている。ただ、ブレイクにしてはチャートが美しくない。1時間足で見ても15分足で見ても下ヒゲが目立つ。根強い買いは残っているということか。

一方為替レートでは、ドル円が日銀マイナス金利導入時で上昇した分の値幅を全て解消。完全に安値を割り込んで終わっている。時間のある人は一度見ていただきたいが、昨日のドル円のチャートの下落は美しい。昨日は全体的にドル安相場だったが、そんな中BTC/USDが下落しているということは相対的にみてビットコインはUSドルよりも安かったということになる。

色々な銘柄を見ていると中には相関性のあるペアがある。ドル円と日経225のペアは有名だが、このビットコイン関連の銘柄も時期によっては相関性を持つペアを組めると考えている。まだまだマーケットが小さいが今後成長してくるであろうと考えると楽しみである。

筆者は三角持合下抜けの強さを見て売ろうと思っていたが、今の勢いでは様子見。だが今日明日で大きく動きそうな気はしている。だがあくまでも予測である。実際は目の前のチャートの動きに従って、そして自分のシナリオ通りにポジション構築していくことが最終的な利益につながっていく。

Bit4xチャート参考

20160204btc

コメントを残す