ビットコイン相場チャート分析 – 2016年1月22日

2016年1月22日のBTC/USDチャート分析

左上:15分足 右上:1時間足 左下:4時間足 右下:日足

1月22日のBTC/USDは戻り局面のレンジ。日足を見ると昨日書いた$417のネックラインを拒否するローソク足(上ヒゲスパイク)が確定。やはり意識されていることがここから読み取れる。ここから仮に下落してくる場合のターゲットをFE(フィボナッチエクスパンション)でチャートに表記している。あくまでも目安であるが、前回安値の$373.8付近を下抜けるのであれば$300台前半までの下落は狙えるか。

1月22日の注目ラインはやはり$404.3付近。1時間足では三尊天井を形成するかどうかの形。その場合のネックラインが$404.3付近になるので、ここを下抜ければ$380台前半まではとりあえず狙ってショート(売り)参戦。逆に前日高値である$430付近を上抜けてくるのであれば、三尊否定からの更に日足ネックラインブレイクになるので、大きな上昇が見込める可能性が高い。

現在は日足のMA(移動平均線)も収束してきていてレンジを示唆。つまりトレンドに乗りにくい状態。無理にポジションを持つのではなく次の動き待ちという姿勢が筆者のスタイル。短期的に(15分足以下の時間足)はポジション構築することもあるが、ゆったりとトレードしたい場合は、わかりやすい形になるまで待つか、超長期的にポジションを構築するかのどちらかになる。まずは目先、$403~$423のレンジをどちらにブレイクするかに注目

Bit4xチャート参照

20160122btc

コメントを残す