ビットコイン相場チャート分析 – 2016年1月21日

2016年1月21日のBTC/USDチャート分析

左上:15分足 右上:1時間足 左下:4時間足 右下:日足

昨日は大きく上昇。一昨日のレンジ上限を明確に上抜けて$373付近から$414付近まで$40ほど上昇。上昇率は約9%。昨日の日足チャートのローソク足は上昇を示唆する形。少しレンジ(小動き)の期間が短いようにも思うが、チャートに素直に従うのが良いと考えているので短期的には上昇の動きに乗る買いの動き。ただし、現在のビットコインのレートは日足でWトップを形成した時のネックライン付近のレート。この付近での動きには注目。短期的に買った人間はここで一旦決済する人も出てくる。

そして4時間足のチャートを見てもらうと大きな下落が始まったのは$432.00からである。つまりこのレベルから売っている人間はまだ売り目線で見ている可能性がある。逆にいうとこのレートを明確に上抜けてくると市場から売り目線の人間がかなり減るのではないかと考える。そうなればマーケットの方向感が買いに偏るので更に買いやすいチャートの形を形成する可能性が高い。

筆者は、昨日超長期ポジションのつもりで新たに構築したロングポジション(買い)を今朝の高値で一旦決済。本当はもっと下落しポジション積み増し計画だったが今回は短期トレードに終わった。現在は特に大きな動きもない状態。日足Wトップネックラインからの売りと素直に1時間足、15分足チャートの買いとの戦いと見ている。もし売りで参戦するのであれば$404.25を割れてからをオススメする。

Bit4xチャート参照

20160121btc

コメントを残す