ビットコイン相場チャート分析 – 2016年1月20日

2016年1月20日のBTC/USDチャート分析

昨日は前日の値幅の中に収まるような小動き。一旦止まるであろうとレートで下落が止められていることからも様子見ムードが強かった模様。日足でははらみ足を形成。昨日も書いたように$373.89~$393.89のレンジのどちらかを明確に抜けないと次の行動には出にくいと考える。つまり今は様子見の状態。

今日は今の段階では特にやることはないが、筆者個人的には超長期的なビットコイン買いポジションを構築したいと考えているのでラインを明確に下抜けてもらってポジションを買い増したいと考えている。ただしビットコインの価値が今後必ず上がると考えているのではなく、もちろん下がり続ける可能性もあるので、そこは自分で考え余裕資金で行って欲しい。

ここから下落した場合に重要視されるであろうBTC/USDのレートは、$348.91、$316。そしてその更に下の$294.03を明確に下抜けてくると2015年11月からの上昇波動が終わることになるので、更なる下落の可能性が出てくるので注意してもらいたい。つまりもし明確に今のレンジを下にブレイクするのであれば、$300付近は大きな節目になる可能性が高い。

Bit4xチャート参照

20160120btc

コメントを残す