ビットコイン相場チャート分析 – 2016年1月15日

2016年1月15日のBTC/USDチャート分析

昨日は$427~$434ととても小さな動き。一昨日の下落からの調整波がヨコヨコのレンジ相場を形成したよう。そして本日の午前10時に大きく下への動きがあり、注目していた$429.27もしっかりと抜け、更には$417付近も1時間足レベルのローソク足実体で下抜け確定。恐らくチャートでトレードをしていてロングしている人は一旦逃げている可能性が高い。

この$417付近をしっかりと日足レベルで下抜けてくると、日足のWトップ(右肩下がり)が形成されてしまうので、より大きな下落に注意しなければならない。筆者も1時間足レベルでは下目線になっており戻り売りスタンス。今日の日足の終値がどこに来るのかで今後直近の戦略の立て方が変わってくる。$417付近をレンジ下限として日足レベルのレンジを形成するのであれば反発を確認して買い、逆にここをしっかりと下抜けてくるのであれば買いは様子見して、タイミングを見計らってライン節目で売りを仕掛けていきたいところ。

Bit4xチャート参照

20160115btc

コメントを残す