ビットコイン相場チャート分析 – 2016年1月14日

2016年1月14日のBTC/USDのチャート分析

昨日のBTC/USD相場は、朝方の大きな下落からのヨコヨコ相場。$446.60から$425.00付近まで約$21.60(約4%)の下落。上昇への動きは調整相場だと書いていたが、まさに調整の動きからの下落となった。大きな日足の流れは上。その調整としてゆるやかに下落をしていたが、その下落の動きの更に調整相場だったということになる。

世界の市場の動きを見ていると、日経平均は年明けから下げ続け、更に大きな注目を集めているのが原油の価格である。1バレル=$30台でテレビのニュースになっていたがどこまで下落するのかには世界中の投資家が注目しているのではないだろうか。個人的には、相関関係を気にしてチャート分析をするタイプではなく、目の前のチャートが全てという考え方なのでそこまでは気にしていないが、世界の動向を知るという意味ではアンテナをはっておいても良いと思う。

ビットコインのチャートを見ていて気になるのが、4時間足の上昇の起点となっている$430付近。このラインを昨日下抜けて、さらにそのラインを挟んでヨコヨコのレンジ状態。その下は昨日の下落が止まった$425。オーバーシュートでここまで下げてる可能性もあるが、その後も一度$425で1時間足が止まっていることからも今後意識されるレートになる可能性がある。本日のトレード戦略としては、少し難しいが、大きな目線で買いを狙っている人は様子見でも良いかもしれない。小さくロングを積む分にはいいが、大きくはるには少し勇気がいるチャートの形となっている。

Bit4xチャート参照

20160114btc

コメントを残す