ビットコイン相場チャート分析 – 2016年1月8日

昨日のBTC/USDの動きとしては買い優位。429USDから457USDまで$28の上昇。2015年12月15日以来の日足大陽線を形成。約7%の上昇で終えていて、今朝の動きも一旦上昇の流れが継続。朝一時的に売り込まれている。

日足を見る限りでは、前回高値である$501.15のラインの手前で一旦買いの決済が入ったようにも見て取れる。再度。そのポイントである$465.35を狙いに行っている状態。日足〜15分足まで全て現在は上昇の形を継続しているので、引き続き押し目買い戦略でいいかと。

今朝つけたH1の包足が気になるところ。このローソク足の安値($452.35)をしっかりと実体で抜けてきた場合は、一旦押し目を付ける可能性が濃厚なので、押し目を待つ。一応Wトップになる可能性もあるのでこれも警戒。$501.15を上抜けるまでは細かく買い回転でも良いかも。抜けたらがつんとロングしていきたいところ。直近は1時間足の包足の高値安値のどちらを抜けるのかで次の動きを決めたい。

(Bit4xチャート参照)

コメントを残す