ビットコイン家族(妖精もビットコインを使う?)

2人の子ども(6歳と2歳)を持つ Jamie Redman 氏が、”We are a Bitcoin Family” という記事を公開しています。

ビットコインに熱心な夫婦の、ビットコインを中心とした生活や教育についての考え方がまとめられています。

独自の教育スタイル

My children are homeschooled and get a different education than most. Joshua and Franklin are taught arithmetic and reading well before normal schooling starts publicly. We believe learning happens all the time, at any age and even during play time.

Jamie Redman 氏の一家は、子どもを学校には通わせず、家庭で教育をするという方針を採用しているようです。

Together with me, he watches charts on BitcoinWisdom and sees transactions being sent when we purchase something. He gets really excited when we received our Trezor and wanted to learn how the virtual currency was stored there. We talked about the whole process of setting up a hardware wallet and it gives me great joy to see Joshua adapt so fluidly to emerging technologies.

生活の様々な場面で教育をする中で、ビットコインの値動きや仕組みについても教えているそうです。ビットコインのチャートも一緒に見ているので、子どもも自然と興味をもっていくようです。

支払いは可能な限りビットコインで

Our family has begun phasing out the use of fiat currency. We still use it, but we are cutting back drastically. This means being paid in bitcoin, as well as buying groceries and paying bills with it.

既存の通貨から仮想・暗号通貨への移行を進めるために、出来る限りビットコインで支払いをしているとのことです。現実問題、すべてビットコインだけで生活はできませんので、これが最大限のアクションではないでしょうか。

My kids are very much acclimatized to Bitcoin around their everyday lives. Joshua is losing a tooth and knows that under his pillow there may be a paper QR code containing bitcoin. As each day goes by, both my children will learn the basics of economics through the use of Bitcoin.

子どもは歯の妖精に、ビットコイン(が入ったウォレットの QR コード)をもらうつもりだそうです。生活の中、価値観の中心に、ビットコインが染み付いていることがうかがえます。

Via Meet the ‘Bitcoin Family’ | Motherboard

コメントを残す