大統領候補者がビットコインでの献金を受け入れ開始

大統領候補者がビットコインで献金を受け付けるのは、初めての事です。

Bitcoin fits in with Paul’s views that government should take a more “hands off” approach to controlling the nation’s money supply, which drives up inflation and devalues the currency. He’s also likely trying to draw the attention of young, tech-savvy voters.

政策とビットコインの相性が良く、また選挙戦略上も狙っている層から注目を集めることができるため、今回の決定に踏み切ったようです。

Paul, a U.S. senator from Kentucky, announced his bid on Tuesday. His website shows he’s also accepting donations in credit cards and from PayPal.

ビットコインだけではなく、クレジットカードや PayPal でも献金を受け付けています。

献金の敷居が下がりますが、透明性の点などで課題も出てきそうです。成功すれば、ビットコインの使い方として定着する可能性もあるため、成果を期待したいと思います。

コメントを残す