アメリカ政府のオークション再び!約20億円相当のビットコインが売りに出される

アメリカ政府が主導するビットコインのオークションが再び開かれます。押収したビットコインを競売にかける取り組みです。

The US Marshals Service (USMS) has announced that it will auction off 50,000 bitcoins, worth roughly $20m, that belong to accused Silk Road operator Ross Ulbricht.

The auction is the second held by the US agency, following the sale of 30,000 BTC in July. Involving well-known participants from across the bitcoin and traditional finance industries, the auction was won by venture capitalist Tim Draper, who successfully bid on all the rounds organized by the USMS.

今回も、Silk Road 関連で押収されたビットコインです。その量は 50,000 ビットコインです。本日の市場価値で日本円に換算すると、約20億円に上ります。

前回は 30,000 ビットコインが売りに出され、Tim Draper 氏によって落札されました。その際、声明を発表して話題を集めました。

The winner of the auction will be notified if their bid has been selected on 5th December, with payment required on 8th December, according to the announcement.

オークションの勝者は12月5日に決まるようです。そして、12月8日までの払込が求められるとのことです。

前回は事前に価格が暴落しました。さて、今回はどのような動きを見せるのでしょうか。ビットコイン価格が動きやすい年末に、また新たな火種が投入されました。

コメントを残す