ビットコイン取引所 Kraken の日本市場への関心

以前より日本市場参入に興味をしめしていたビットコイン取引所の Kraken ですが、ついにその時が来るのか?と話題が出始めています。

記事では Kraken 誕生の背景や日本でこれまでに続けてきた活動が紹介されています。

Competition for a slice of Japan’s virtual currency market is intensifying as new entrants seek to take advantage of the vacuum left by Mt. Gox. BitFlyer began offering services in April. BitOcean, a Chinese startup, joined with New York-based Atlas ATS Inc. to bid for the assets of the defunct Mt. Gox. The two companies plan to start a bitcoin platform in the country this month, according to Nan Xiaoning, founder and chief executive officer of BitOcean.

Mt. Gox (マウントゴックス)が無くなった後、日本では bitFlyer が販売所を開設し、ビットコインの売買サービスを提供しています。BitOcean と Atlas は、マウントゴックスのスポンサーとなって参入することを目指しています。そこに、Kraken が参入する予定となっています。BitOcean や Kraken の事業開始がいつになるのかはまだわかりませんが、日本のビットコイン市場が活発になり、伸びていくことは間違いありません。

ちなみに Reddit では来月(9月)にも参入という見出しで紹介されていますが、いまの確かな情報ではありません。

コメントを残す