BitPay との提携により東芝の POS 端末がビットコインに対応

先日大規模な資金調達のニュースを発表した BitPay が、また市場に大きなインパクトを与えるニュースを発表しました。東芝との提携です。

Toshiba VisualTouch is a complete point of sale system that provides the advanced POS functionality needed for business management. VisualTouch POS is used in the Hospitality, Food Service, Grocery, Retail and Concession industries with a combined install base of more than 6,000 unique customers and some customers having up to 1,600 locations each. VisualTouch will use BitPay’s POS-integration solutions to grow bitcoin acceptance through brick-and-mortar retail locations that may have not considered bitcoin acceptance in the past.

東芝が提供している VisualTouch という POS 端末がビットコインに対応します。VisualTouch は、飲食店や病院、小売店など幅広く利用されている端末です。顧客数はおよそ6,000社で、それぞれの顧客が複数の店舗を持っています。店舗数は、1顧客あたり最大で1,600店舗あるとのことです。

BitPay has over 30,000 clients including TigerDirect, The NBA’s Sacramento Kings, WorldPress, Virgin Galactic, Shopify and Gyft. BitPay’s dedication to developing the Bitcoin platform and ecosystem has resulted in the opportunity to work with established brands like Toshiba VisualTouch.

BitPay は決済機能を導入している顧客数が30,000社以上あり、すでに大物顧客も抑えています。そこに東芝というブランドが加わり、実店舗での決済シーンに一気に普及させることをめざしていくようです。

東芝、やりますね。日本でも普及していく日が、夢ではなくなってきました。

コメントを残す