ビットコインのハードフォーク問題 vol.1 – ハードフォークって何?

そもそも最近耳にするハードフォークって何なんでしょうか。

ハードフォークが起きた場合?

ざっくりいうとハードフォークが起きるとビットコインがBitcoin(BTC)とBitcoin Unlimited(BTU)の2種類にわかれます。株式分割のように、現在10BTC持っている人がいたら10BTCと10BTUを付与されることになります。

ただでさえ仮想通貨って何?ビットコインって何?という人もまだまだ沢山いるなか、ビットコインには2種類あります、なんてことになったらわけがわからないですよね。そして2種類あってもビットコインを使っていない人たちからしたら、両方ともビットコインでしょということになってしまいます。

ハードフォークって何?

“ビットコインのハードフォーク問題 vol.1 – ハードフォークって何?” の続きを読む

改正資金決済法(仮想通貨法)って何?

資金決済法の改正について

昨年成立した「情報通信技術の進展等の環境変化に対応するための 銀行法等の一部を改正する法律案」が、2017年4月1日から施行します。その中の「資金決済に関する法律」に追加された仮想通貨に関する法律が仮想通貨法と呼ばれています。今回の施行により、ビットコインなどの仮想通貨が今までモノとして扱われていたのに対し、法律的に「お金」として認められることになります。この法律改正に伴い、日常的に仮想通貨を使える場所が増えることが期待されます。

では今回の改正で具体的に何がどうかわるのでしょうか。主に仮想通貨交換業の登録と規制に関して詳しく定められ、銀行や証券会社などに対して課せられている義務が仮想通貨交換業に対しても求められるようになります。

“改正資金決済法(仮想通貨法)って何?” の続きを読む

BitBiteCoin.com はビットコインの想いを伝えるメディアを目指します

BitBiteCoin.com リニューアルのお知らせでもご案内したとおり、ついに本格的なリニューアルの準備が整いました。今回のリニューアルでは、内容だけではなく、運営チームにも強力な新しいメンバーを迎えることになりました。

BitBiteCoin.com では、ビットコイン及びブロックチェーンのビジョンに注目をし、これからの世界をつくっていく基礎テクノロジーの背景にある思想と、それに関わる人達の想いを届けられるメディアを目指します。

インターネットが始まった時、多くの人がインターネットとは何かを、あるいはブラウザーの使い方を勉強しました。しかし、いまそういった情報はこの社会には残されていません。いまこの社会に残っているのは、Netscape から生まれ派生したブラウザーと、そのブラウザーによって誕生した多数のインターネット企業です。Jeff Bezos は、インターネットが誕生したとき、そのインターネットの基礎技術を使い、本を売ることを考えました。その結果、本から日用品にまで取扱商品は広がり、AWS という形で多数の Startup を生み出すインフラを作り上げ、いまではドローンによる次世代の流通の構築にまで事業を拡大し、この世界を変えました。

いま、ビットコインに注目している人たちは、あのときにインターネットに注目した人たちと同じだと僕は思っています。この中に、この文書を読んでいる人の中に、次の Larry Page and Sergey Brin が、Mark Zuckerberg が、Jeff Bezos がいると、僕は確信しています。そういうイノベーターにとっての強力な武器になるようなメディアを目指して、これからも運営を続けていきたいと決意しました。

ただ単にビットコインに関する出来事、ニュース、お金儲けの手段を伝えるのではなく、これからはじまる新しい時代に必要とされる「想い」を伝えるメディアを目指して、再スタートを切ります。今後とも、よろしお願い致します。

最後に、BitBiteCoin.com を運営していく新しいメンバーを紹介します。

Mai Fujimoto

Miss Bitcoin & Bitcoin Donation website “Kizuna” Founder.
ミスビットコインの藤本真衣。ビットコイン寄付サイト ”Kizuna” 創設者。株式会社グラコネ CEO。

日本で最古のビットコインメディアの1つ BitBiteCoin のリニューアルを機にジョインできて光栄です。日本で既にたくさんの素晴らしいビットコインメディアがある中で、BitBiteCoin ではビットコインのビジョンとそれに関わる人にフォーカスしたメディアにしていきます。どうぞよろしくお願いします!

Ayano Maria

東京生まれ、カリフォルニア在住。イギリスの大学卒業後、外資系金融機関に勤務。現在は、会計学を専攻する学生。

BitBiteCoin のリニューアルに伴い、新たにお手伝いさせていただくことになりました。Hiro さん Mai さんという最高にワクワクする方々と働けることに感謝しています。このワクワク感を忘れずに、日本中にビットコインのニュースをお届けしたいと思います。よろしくお願いいたします。

BitBiteCoin.com リニューアルのお知らせ

当サイト BitBiteCoin.com は、2013年の開始以来、ビットコインに関するニュースを配信してきました。

ビットコインに関するニュースがあまり伝えられていなかった当時とは状況が変わり、いまでは多くのビットコイン関連ニュースサイトが誕生しています。BitBiteCoin.com は、そんなビットコインを取り巻く環境の変化を見ながら、しばらく更新をお休みしておりました。
しかし、これまで以上に盛り上がるこの業界について、より一層幅広い情報が求められることは間違いないと確信しております。そこで、開始から3年が過ぎた2016年12月、業界の変化に合わせたリニューアルを行います。

予定しているリニューアル内容

  • ビットコイン以外の仮想通貨 Altcoin の情報を扱います
  • 仮想通貨の基礎技術であるブロックチェーンに関する情報の解説を強化します
  • 仮想通貨業界全体で使われている用語を整理するコンテンツを開始します
  • 仮想通貨業界の主要なプレイヤーに関する情報を蓄積できるコンテンツを開始します

どれもまだ準備を進めている段階ですので、詳しくは実際のリリースをもって発表とさせていただきます。

4年目を迎える BitBiteCoin.com をこれからもよろしくお願いします。

ビットコイン相場チャート分析 – 2016年5月11日

2016年5月11日のBTC/JPYチャート分析

50,000円台に乗せるも、叩かれる。

今週ジリジリと上げているビットコイン相場だが、一時50,000円台にのせる動きも。だがすぐさま下落し、50,000円台を長時間キープできない。

スクリーンショット 2016-05-11 10.56.58

BTC/JPYの1時間足チャート。50,000円付近で足踏み状態。

50,000円を狙った動きがあったが、長くは続かず現在は50,000円を割れている。直近の動きを見ると49,000~50,000円のレンジ内の動きを続けそうに見える。各レベルで細かいレンジを繰り返しているので、このレンジブレイクがどちらに動くのかに注目。

今の水準では特にポジションをどうこうということはしない。あまり優位性の高いポイントではないように感じるため。

 

Chart: bitflyer  ローソク足,  MA:10 25 75 ,  MACD 12,26,9

ビットコイン相場チャート分析 – 2016年5月8日

2016年5月8日のBTC/JPYチャート分析

GW明け。50,000円台に戻れるのか。

先週頭には下落していたビットコイン相場。47,000円割れを一度試した後はジリジリと戻している。かといってまだ50,000円も上にブレイクできていないような状態なので強いとはいえない。

 

スクリーンショット 2016-05-09 9.50.17

BTC/JPYの4時間足チャート。50,000円トライ。

目先の相場状況を見ると、高値も安値も大きく更新しないレンジ相場である。上昇する場合は50,000円を上に明確にブレイクした後、少なくとも49,000円台ではサポートを作り上昇する必要がある。

逆に今の緩やかな戻しの上昇を崩すような動きを作れば45,000円台、更に下までの下落も予測しておく必要がある。仮に46,500円を下抜ければ下落のスピードは速まるのではないかと予測している。

このGWは特にビットコインに関してポジションを触るようなことはしていない。今週から為替など他のマーケットも含めてしっかりと分析をし、ポジションメイクをしていく予定である。

 

Chart: bitflyer  ローソク足,  MA:10 25 75 ,  MACD 12,26,9

ビットコイン相場チャート分析 – 2016年5月1日

2016年5月1日のBTC/JPYチャート分析

下落継続。48,000円レベル。

52,000円レベルの高値をつけて、そこから下落したビットコイン相場は48,000円レベルまで下落し、緩やかな下降トレンドを描きながらもレンジ入り。

スクリーンショット 2016-05-02 10.08.32

BTC/JPYの1時間足チャート。48,000~49,200円どちらを超えるのか。

52,200円レベルで頭を叩かれて下落してきたビットコインは48,000円レベルで推移。MACDはダイバージェンスを起こしていて、この2つの底が、底となって反転する可能性もあるが、それを判断するには少なくとも49,200円レベルを明確に上抜けてこなければならない。

直近の流れだけでいうと、大きく下落してその勢いは衰えているものの、波動的にも引き続き下降トレンド継続ではあるし、トレンドフォローの人は売り目線継続だろうか。勢いが緩んでいるところから筆者は積極的に売りたいとは思わないので次のチャンス待ち状態。

Chart: bitflyer  ローソク足,  MA:10 25 75 ,  MACD 12,26,9

ビットコイン相場チャート分析 – 2016年4月29日

2016年4月29日のBTC/JPYチャート分析

上昇から一転、下落。

40,000円台から上昇を続けていたビットコイン相場だが、27日から大きく下落。現在は48,700円付近。

スクリーンショット 2016-04-29 13.00.26

BTC/JPYの4時間足チャート。上昇トレンドから急落。

45,500円付近から緩やかに上昇してきたビットコイン相場だったが、52,200円レベルで頭を叩かれて高値はここまで。そこから3,500円ほど下落しているので約半値まで下落している。

上昇トレンドの角度に対して、この下落の角度は急落といってもいいくらいの角度で下落しているので、まだまだ上を狙うには厳しい状態が予想される。また50,000円以下で推移を続けるのだろうか。

 

Chart: bitflyer  ローソク足,  MA:10 25 75 ,  MACD 12,26,9

ビットコイン相場チャート分析 – 2016年4月27日

2016年4月27日のBTC/JPYチャート分析

緩やかに上昇トレンド継続。

昨日のビットコイン相場も角度は緩やかになりながら上昇トレンドを継続。一時52,000円をブレイクする瞬間も。陽線が4日連続続いている。この流れがどこまで続くのかにマーケットは注目している。

スクリーンショット 2016-04-27 9.56.18

BTC/JPYの1時間足チャート。上昇トレンド緩やかに継続。

きれいに波動を描きながら上昇を続けているBTC/JPY。次のサポート候補は51,700円レベル。このままの勢いでジリジリと高値を突破していくチャートの形状もよく見る。買いで回転させている人が多そうである。

40,000円台の時にビットコインを買っておけばよかったという声を周りでちらほらと聞くようになった。今買っても遅くはないと思うが、人の心理は下がってる時には怖くて買えない。上がってしまうと損した気分で買えない。という感情が生まれるようだ。筆者は上だと思ったらどんなタイミングでも買うことにしている。

Chart: bitflyer  ローソク足,  MA:10 25 75 ,  MACD 12,26,9

ビットコイン相場チャート分析 – 2016年4月25日

2016年4月25日のBTC/JPYチャート分析

50,000円オーバー。高値は51,700円まで。

先週からビットコイン相場は上昇を続けている。週末もその動きは継続。大台である50,000円台も上にブレイクし、そのままキープ。ついに上方ブレイクをはっきりとするのかに注目。

スクリーンショット 2016-04-25 10.02.48

BTC/JPYの1時間足チャート。上昇トレンド継続。

50,000円をブレイクしたビットコイン相場。またすぐに割れて40,000円台に下落しているかなと思っていたが、週末もこなして本日も50,000円台をキープしている。買い回転継続。

50,000円レベルでレジスタンスがサポートに転換している。今の上昇の起点となっているポイントが50,000円レベルなので短期的にはここを割れなければドンドン上昇していく形に。51,400円がサポートになれば更に固い。

この上昇の形はジリジリ上げているのでロングがどんどん溜まっていってる状態である。仮にレバレッジをかけてトレードしているのであればSLはしっかりと入れておくことが重要。ロングが溜まっているということは下落し始めるとスピードが速いということ。逃げ遅れないようにポジション管理を。

 

Chart: bitflyer  ローソク足,  MA:10 25 75 ,  MACD 12,26,9