Mt. Gox(マウントゴックス)復活へのシナリオ?

消滅かと言われている Mt.Gox(マウントゴックス)ですが、新たな動きが報じられています。gox.com という新たなドメインを取得し、ブランドの再建を図るのではないかとの情報です。

ドメインを取得した際には、取得者の情報がインターネット上に公開されますが、本日取得されたこのドメインの情報が Mt. Gox 関連のものだと判明しました。実際、この記事を執筆している最中に取得したスクリーンショットがこちらです。

whois

Mt. Gox の CEO、Mark Karpeles の名前があります。詳細は、下記リンクから確認できます。

gox.com の件だけではなく、再建に向けたシナリオをまとめたドキュメントが見つかっています。現在、下記リンク先から閲覧できるようになっています。

gox

ドキュメントによると、しばらく閉鎖した後に、Gox の名前で再建を目指すというプランでした。再建プランの信ぴょう性については疑問が残りますが、少なくともドメインを取得しているという事実からも、このプランが本当である可能性は高いと考えられます。そうなると、復旧は早くても4月1日ということになります。

引き続き、BitBiteCoin ではこの件を調査していきます。

Mt. Gox 消滅!?恐れていた事態に立ち上がる人々

日本時間で、本日(25日)の午前中のことです。Mt. Gox(マウントゴックス)が Twitter での発言をすべて削除したという情報が流れ、確かに消えていることが確認されました。

mtgox_twitter

同じ頃、Mt. Gox での取引が出来ないという報告が様々な場所に投稿されました。

mtgox_alart

ついに、恐れていた事態の発生が頭をよぎります。Mt. Gox はこのまま消滅してしまうのでしょうか。Mt. Gox は日本にある会社ですが、日本の金融当局は介入する様子を見せていません。法整備が整っていないことの弊害が露呈しました。

このままでは、ビットコインの信頼そのものが地に落ちてしまいます。連鎖的に発生し得る悲観的なシナリオを未然に防ぐために、ビットコイン関連の大手組織が連名で声明を発表しました。それがこちらです。

この声明については、本日のビットコインニュース(動画)でもお伝えしています。

声明に参加している組織は、以下の通りです。声明文からの引用です。

The following industry leaders stand by this statement:

Fred Ehrsam — Co-founder of Coinbase
Jesse Powell — CEO of Kraken
Nejc Kodrič — CEO of Bitstamp.net
Bobby Lee — CEO of BTC China
Nicolas Cary — CEO of Blockchain.info
Jeremy Allaire — CEO of Circle

状況が変化したら、続報をお伝えします。


2014-02-25 05:17

続報です。

$6M(約6億円)相当のビットコインが売りに出される

タイトルの通りです。執筆時点でのチャートのスクリーンショットがこちらです。

Screen Shot 2014-02-24 at 12.43.40 PM

日本時間で、本日24日(月曜日)の午前中にこの状況が確認されています。アメリカは、日曜日の夜です。

売却するにしても、このように大量のビットコインを一気に売却してしまうと、市場の価格は下がります。実際に、現在ビットコインの価格は下落中です。

Reddit のスレッドでは、売りだしたのは Mark Karpales ではないかとも噂されています。Mark Karpales は現在炎上中の Mt. Gox の CEO で、ちょうど同じ日の同じ時間帯に、Bitcoin Foundation のボードメンバーを辞任したと報じられています。辞任の詳細は、ウォール・ストリート・ジャーナルに掲載されています。

BitInstant の CEO が逮捕され、Bitcoin Foundation のボードメンバーを辞任したと報じられたのは1月28日の事でした。2014年に入って、ビットコイン界には次々と事件が起こっています。

今回の売却の背景はまだわかりませんが、市場に直接的に影響を与える出来事には違いありません。

インサイダー取引を疑う画像が出る

Mt.Gox(マウントゴックス)が引き出し停止を発表する前に、大量のビットコインが売られているという指摘が出ました。問題の画像がこちら。

mtgox_chart

1時間以内という短時間に大量のビットコインが売られ、その数時間後に Mt.Gox の発表があったと指摘されています。発表前に大幅に価格が下がっていることから、このような疑いが向けられた模様です。

仮にこの指摘が事実でインサイダー取引が行われていたとしても、これはモラルの問題になってしまいます。ビットコインには規制が追い付いていないため、自由な文化があります。しかしそれは、お互いの信用の上に成り立つものでした。
また、規制が無いということは、保護も存在しないということです。このような問題が発生しても、それを守る組織も存在しません。

Mt.Gox を取り巻く一連の出来事は、ビットコインの良さとリスクが顕著に現れた事例となっています。