Mt. Gox(マウントゴックス)の破産申請と今後

マウントゴックスが自力での再建を断念し、破産となります。

この件については、多くの疑問や問い合わせがマウントゴックスによせられると思います。そのため、基本的な質問事項と回答としてマウントゴックスの Web サイトに PDF が掲載されています。

要点をまとめると、次のようになります。

  • 自力での再建は困難と判断されたので破産する
  • 現時点での保有資産等は調査を待つ必要がある
  • 債権者に対して配当があるかどうかはわからない
  • 債権者がいますぐ債権届出をする必要は無い
  • 問い合わせをしてもこの文書以上のことは説明できない(から電話しても意味無いですよ)
  • 債権者の人にはとにかくしばらく待ってほしい
  • 新たなスポンサーの元でマウントゴックスが再建される可能性はある

マウントゴックスが発表している質問と回答の全文は以下に引用します。オリジナル文書はこちらにあります。

現状

Q なぜ民事再生手続開始の申立てが棄却されたのか?
A MTGOXによる民事再生手続の遂行が難しい状況下、東京地方裁判所(以下「東京地裁」といいます。)は、MTGOXによる民事再生手続の遂行が難しいと> 認め、民事再生手続開始の申立てを棄却する旨を決定しました。

Q 今後の手続はどうなるのか?
A 裁判所が決定する事項であり、回答する立場にありませんが、裁判所が、然るべき時期に、破産手続を開始する決定を行うことが予想されます。

Q 保全管理命令とは何か?
A 破産手続開始の決定までの間、一時的に、裁判所が選任する保全管理人にMTGOXの財産を管理処分させる裁判所の命令です。
保全管理人として、民事再生手続で監督委員兼調査委員であった小林信明弁護士が選任されました。

Q 一定の弁済、担保設定、財産処分を禁止等する命令とは何か?
A 破産手続開始の決定までの間、1裁判所の許可なしに、平成26年2月27日までの原因に基づいて生じた債務の弁済や担保の提供をすること、2一定の財産の処分を禁止又は 制限する裁判所の命令です。

Q 包括的禁止命令とは何か?
A 破産手続開始の決定までの間、債務者の財産に対する強制執行等や国税滞納処分を禁止する裁判所の命令です。

Q 破産手続が開始した場合、その後どのような手続になり、いつまで続くのか?
A 破産管財人が選任され、破産手続を遂行し、財産の管理とともに、債権者の確認調査等を行うことになります。いつまで続くかは現時点ではわかりかねます。

Q 債権者集会は行われるのか?
A 現時点では未定です。
なお、破産手続を開始する場合には、開始するときに、破産債権者集会の開催についても決定されます。

Q MTGOXの代表者はどうなるのか?
A 保全管理命令により、MTGOXの代表者は、MTGOXの財産を管理処分する権利を失っていますが、保全管理人は、今後も必要に応じ、協力を求める予定であり、代表者はこれに積極的に応じる意思を示しています。

債権届出と調査

Q 債権届出をいつまでにどのようにすれば良いのか?
A 債権届出の期間等は、破産手続が開始した場合に裁判所が定めます。したがって、債権者の皆様が現時点で直ちに債権届出をする必要はありません。今後、破産手続が開始した場合において、債権届出期間や調査期日等が定められたときには、破産手続の中で、破産 管財人により、一定の時期に、債権届出の方法等について情報提供がなされるものと考えております。なお、破産手続が開始した場合においても、必ず債権届出期間や調査期日が 定められるとは限りませんし、定められる場合でも、破産手続の開始と同時に定められるとは限りません。

財産管理状況

Q 自分がMTGOXに預けていたコインの枚数を知りたい。
A MTGOXが従前ウェブサイトにおいて行っていた対応(残高確認)は、当面、引き続き継続する予定です。
ただし、MTGOXのウェブサイトでご確認頂く残高は、あくまでも、ユーザーの皆様の便宜のためのものであり、ご確認は、債権届出をしたことを意味するわけではありませんし、将来破産管財人が当該金額の債権を認めることを意味するわけではありません。したがって、当然ですが、ご確認頂いた残高の全額が破産手続になった場合に破産債権として認められるとは限りませんのでご注意ください。
破産手続が開始した場合、破産債権は、債権届出及びその後の債権調査手続により確定することとなります。
債権届出の方法等につきましては、上記のとおり、今後、破産手続が開始した場合において、債権届出期間や調査期日等が定められたときには、破産手続の中で、破産管財人により、一定の時期に、債権届出の方法等について情報提供がなされるものと考えております。なお、破産手続が開始した場合においても、必ず債権届出期間や調査期日が定められるとは限りませんし、定められる場合でも、破産手続の開始と同時に定められるとは限りません。

Q MTGOXに預けていたビットコインや金銭を返して下さい。
A 東京地裁により、弁済、担保設定、財産処分を禁止等する命令がなされており、ビットコインや金銭の返還は法的に禁止されています。なお、破産手続が開始した場合には、破産法に基づき、返還が禁止されます。破産手続が開始した場合の配当については、後述のとおりです。

Q MTGOXはビットコインや金銭を幾ら保管しているのか?
A MTGOXの財産については、保全管理人が管理しますが、ビットコインの数量や金額等については、今後、保全管理人や(破産手続が開始した場合には)破産管財人による調査等(専門家等も関与することが予想されます。)なされていくものと予想しています。

Q 保全管理人は、今後、無くなったと言われているビットコインや金銭の調査をするのか?
A 破産手続が開始した場合には、破産管財人が、財産の管理をする中で、可能な限りで調査を行うものと予想しております。保全管理人においても、現時点において、専門家等の協力を得ながら、可能な限りで調査を行うことを考えています。
なお、従前MTGOXは、捜査機関に相談をしており、保全管理人も、捜査機関から要請があれば捜査に積極的に協力するつもりです。

Q MTGOXが運営するビットコインの交換取引所はどうなるのか?
A 現時点では未定ですが、今後、破産手続が開始した場合には、MTGOX自身が交換取引所を再開することは考えられず、交換取引所等の事業を承継する適切なスポンサー候補者の有無及び適切なスポンサー候補がいる場合には当該スポンサーへの承継等の様々なことが検討され、交換取引所の処理が決定されることが予想されます。

配当

Q 破産手続が開始した場合、配当はあるのか?どのようになされるのか?
A 現時点ではわかりかねます。今後、破産手続が開始した場合には、破産管財人が、破産手続を遂行していく中で、裁判所と協議しつつ決定するものと予想されます。

その他

Q MTGOXの代表者の責任は追及されないのか?
A 破産手続が開始した場合には、破産手続の中で、代表者の責任の有無を含め、調査がな
されるものと予想しております。

Q スポンサーへの事業等の承継は考えられないのか?
A 今後、保全管理人や(破産手続が開始した場合には)破産管財人の下で、適切なスポンサー候補者の有無、及び当該スポンサー候補がいる場合には当該スポンサー候補への承継等の様々なことが検討されていくものと予想しています。

Q MTGOXの関係会社はどうなるのか?
A 現時点において、民事再生手続や破産手続の開始を申し立てたとは聞いていません。
なお、関係会社との関係については、今後、破産手続が開始した場合には、破産管財人が適切に管理処理していくものと予想しており、関係会社も、MTGOXに積極的に協力する意思を示しています。

Q 保全管理人と直接話したい。
A ユーザーを含め、関係者が極めて多数であることもあり、保全管理人への直接のご連絡はご遠慮いただき、不明点はコールセンターにご連絡下さい。ただし、現時点では、コールセンターにおいても、この別紙以上のことはお答えできない状況であることを、ご理解ください。

Q 自分は債権者又はビットコインをMTGOXに預けているユーザーとして認識されているのか?
A MTGOXのウェブサイト(https://www.mtgox.com/)でご確認頂く残高の確認により一定のビットコイン残高を確認したとしても、MTGOXにより債権者又はユーザーとして認識されているとは限りません。債権者又はビットコインをMTGOXに預けているユ ーザーの特定については、今後の手続において、必要に応じ、一定の方法で、債権者又は 当該ユーザーの特定手続を実施することが検討されると予想されますので、現時点においては、それをお待ち頂ければと思います。

Q 米国連邦倒産法第15章の手続や訴訟はどうなるのか?
A 保全管理人は、今後も、日本の手続において、国内外の債権者を平等に取り扱う必要があるため、日本の手続とともに、米国連邦倒産法第15章の手続も遂行する必要があると考えており、破産手続が開始した場合にも、それは同じことと予想しています。

Mt. Gox(マウントゴックス)の盗まれたビットコインが Bitstamp で売られた?

マウントゴックス関係の新たな情報が出ました。今度は、盗まれたビットコインの行先に関するメールが流出しました。それによると、マウントゴックスに紐付いているビットコインウォレットから、Bitstamp にビットコインが送金された記録が出たようです。

情報ソースの信憑性には疑問が残りますが、流出したメールの全文はこちらで閲覧可能です。

メールは Bitstamp の CEO に送られたものですが、はたしてこの内容は真実なのでしょうか。捏造でなければ、Bitstamp に送金された=Bitstamp 側で照会をすれば送金したアカウントを特定可能、ということになります。

これがきっかけとなって、自体の進展はあるのでしょうか。あるいは、これをきっかけに問題は Bitstamp にも波及してしまうのでしょうか。

今度は Mt. Gox のソースコードが流出してひどいコードだと叩かれる

TechCrunch にも掲載されていますが、Mt. Gox(マウントゴックス)のソースコードが流出したとの情報が出ています。

HackerNews で話題に上り、コメント欄ではみんながひどいコードだと問題点を指摘しています。

ソースコードはこちらで閲覧できます。

このコードが本当に Mt. Gox で稼働していたものだとしたら、今回のような事件は遅かれ早かれ起きていただろうと想像できます。大量の顧客資金、ビットコインを扱うサイトとは思えないものです。これから取引所を始めたい人には、勇気を与えるようなコードではないでしょうか。サーバーサイドの運用形態やセキュリティーはどの程度まともだったのか、それも怪しくなってきました。
実際、このソースコードと合わせて、顧客情報も抜き取られていると発表されています。

お願いだからこれ以上傷口が広がらないうちに解決に向かってほしいと、心から願いします。

Mt. Gox(マウントゴックス)破綻の影響が出始める

Mt.Gox(マウントゴックス)が民事再生手続きを開始したという件が発表されたのは、2月最後の日、そして週末に入る直前でした。そのため、直後には大きな影響が出にくい状態でした。利用者の多い北米ではこれから月曜日を迎えますので、今後影響は広がっていくことが予想されます。

破綻の原因は何だったのか

本日の動画ニュースでも説明していますが、ビットコインのシステムにあったバグが原因で、大量のビットコインが失われたことです。顧客が保有していたビットコインも大量に無くなっていると発表されました。

問題は、最大手と言われた取引所が、このバグに対して即座に対応できなかったことです。いまでも、「不正アクセスによりビットコインを失った可能性がある」という表現になっています。不正アクセスが本当にあったのか、その不正アクセスが行われた時期や原因は何だったのかについては、明言を避けています。

マウントゴックスの説明をわかりやすく言えば、こうです。

「ここに置いといたお金がいまみたらありませんでした」

債権者

マウントゴックスの顧客のうち、日本人はわずか1%と言われています。もちろん私はその1%に含まれていますので、実際の債権者としても情報を出していきます。同じく日本国内でマウントゴックスを利用されていた方、情報交換を希望される方は、Twitter か問い合わせフォームよりご連絡いただけると幸いです。

今後、日本の本社のみならず、アメリカでも破産を申請すると予想されます。日本国外の債権者の動きについても、追跡していきます。

中には、債権者であるのにそれを発表できない人がいるとの指摘も出ています。そもそもビットコインが注目された要因として、取引の匿名性が挙げられます。そのため、闇のビジネスやマネーロンダリングに利用されやすいという問題は以前から指摘されていました。その点を考えると、債権者として名乗りを挙げることができない人・組織がたくさんいるのではないか、ということです。そういった人や組織がある程度いる場合、債権者として名乗りを挙げる人が想定より少ない可能性もあります。そのあたりの背景も、今回の出来事を通して明るみになるかもしれません。

問い合わせ先

公式サイトが弁護士発表のものに差し替わっています。そこに記載されている情報をこちらにも転載しておきます。

平成26年2月28日

各  位

 
東京都渋谷区渋谷2丁目11番5号
    株式会社MTGOX
           代表取締役 カルプレス・マルク・マリ・ロベート

民事再生手続開始の申立てに関するお知らせ

 
当社は,本日,東京地方裁判所に民事再生手続開始の申立を行い,受理されました。また,裁判所からは,当社が債務を弁済すること,資産の譲渡をすること,資産について担保設定をすることを禁止する保全処分,当社の資産に対する債権者による強制執行を包括的に禁止する命令,監督委員による監督を命ずる監督命令,調査委員による調査を命ずる調査命令を受けておりますので,下記のとおり,お知らせいたします。  このような事態となり,ユーザーの皆様,その他関係各位の皆様に対しまして多大なご迷惑とご心配をおかけするところとなり,誠に申し訳なく,深くお詫び申し上げます。  当社は,裁判所の上記の命令を完全に遵守していきますので,今後財産はきちんと保全されて参ります。

記

当社の財務状況と申立てに至った経緯及び理由
(1) 現時点で認識している当社の財務状況は以下のとおりであり,債務超過の状況にあると判断しております。

資産総額         3,841,866,163円
流動負債総額     6,501,119,371円
(2) 当社の流動負債が増大した背景には,ビットコインの消失,預り金の消失という原因が考えられ,これについては,専門家による調査を依頼する等して真相の解明に全力であたります。申立の契機となったトラブルについては,以下のとおりです。

平成26年2月初め頃,ビットコインのシステムのバグを悪用した不正アクセスにより,ビットコインの送金(ビットコインの引出)が正常に完了しない取引が増え,また,かかるバグを悪用した不正アクセスにより,ビットコインが不正に引き出されている可能性があることが判明しました。
  その後,当社の調査によって大量のビットコインがなくなっていたことが分かり,正確な状況はいまでも判明していないものの,平成26年2月24日頃までに,ユーザーの取引履歴上のビットコイン保有高であるおよそ75万ビットコイン,及び,当社自身の取引履歴上の保有ビットコインである約10万ビットコインのほぼ全てがなくなっていることが判明しました。当社は,なくなったビットコインは上記のバグが悪用により盗まれた可能性が高いと考えており,現在,刑事告訴の検討,手続を専門家に依頼しております。
  また,同月24日,ユーザーからの現実の預り金の総額と,かかる預り金を管理している金融機関への預金残高の総額に多額の齟齬があり,預金残高が大幅に不足していること(金額は調査中であり変動する可能性が高いが最大約28億円程度)が判明しました。   当社は上記問題の原因は現在調査中ですが,第三者によるハッキングによる被害を含めて,複数の原因があると見込まれるため,原因究明のためには過去の膨大な取引を調査する必要があります。そのため,現時点では,問題の原因はおろか,なくなったビットコインの総数や預り金残高に対して不足している預金残高の額も確定できておりません。
当社は,上記のビットコインの消失及び預り金残高と預金残高の齟齬が発覚したことから,平常の事業運営が困難であると判断し,同月25日の昼頃(日本時間)に当社のサイトへのアクセスを全面的に停止しました。

(3)被害届の提出ないし告訴状の提出に関しては,既に専門家に依頼し,調査・検討を開始しています。そして,適正な刑事処分が行われ,被害回復も図られるように努力しています。
また,当社は,日本に限らず,本件に関する捜査や関係各官庁の調査等には,全面的に協力してまいります。
債権者の皆様に出来る限り高い弁済を行うためにも,ビジネスを続けることができる可能性を探ることが必要であり,再生手続を選択致しました。
また,裁判所の監督下で法的倒産手続を通して,説明義務を尽くしながら再建の努力を行っていくことが,当社のためにも,ビットコインの業界が健全に発展していく上でも必要なことと理解しております。
今後,債権者の皆様にできるだけ弁済をできるように,事案の究明,被害の回復,ビジネスの回復に努める所存ですので、当社の民事再生手続にご理解,ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

申立ての概要
(1)申 立 日 平成26年2月28日
(2)管轄裁判所 東京地方裁判所
(3)申立代理人 ベーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業)
          弁護士 山本英幸,同 末冨純子
         弁護士法人 淀屋橋・山上合同
          弁護士 四宮章夫,同 川井一将
(4)監督委員 長島・大野・常松法律事務所 小林信明 弁護士
(5)調査委員 同上
(6)事件番号 平成26年(再)第12号 再生手続開始申立事件
本件に関するお問い合わせ先について
当社は,本件に関するお問い合わせ先として,以下のとおり,コール・センターを設置いたしますので(平成26年3月3日(月)開通の予定です),当社に対するお問い合わせがございましたら,以下のコール・センターまでお電話いただきますようお願い申し上げます。

  
電話番号  03-4588-3921
受付時間  月曜日~金曜日 午前10時~午後5時

   
なお,監督委員・調査委員の事務所へのお問い合わせはお控えいただきますようお願い申し上げます。
以上

Karpeles CEO からの公式アナウンスが出る

Mt. Gox の公式サイトに、Mark Karpeles CEO のコメントが掲載されています。

全文を引用します。

February 26th 2014

Dear MtGox Customers,

As there is a lot of speculation regarding MtGox and its future, I would like to use this opportunity to reassure everyone that I am still in Japan, and working very hard with the support of different parties to find a solution to our recent issues.

Furthermore I would like to kindly ask that people refrain from asking questions to our staff: they have been instructed not to give any response or information. Please visit this page for further announcements and updates.

Sincerely,
Mark Karpeles

Mt. Gox Screen Shot 2014-02-27 at 4.26.48 PM

要するに、日本に残って解決に向けてがんばってるから、ちょ、ちょっとまって!ということです。関係者からの情報は出せないので、情報は公式サイトから出すとも伝えています。

発表する情報が少なすぎるから、みんな聞きたがっているわけです。せめて Twitter は続けておいて欲しかったと思います。

Mt. Gox の再建(リブランド)計画は事実であると本人が発言

Mt. Gox 消滅問題に関する続報です。

Mt. Gox CEO の Mark Karpeles 本人が、チャットで発言した内容が発表されています。取り上げているのは、こちらの記事です。

chat-log-lg

要点をまとめると、次のようになります。

  • 再建(リブランド)計画は事実である
  • ただし流出したものはドラフト版なので正確なものではない
  • 問題を放棄してはいない

印象的な部分を引用します。

Karpeles: we haven’t given up

問題への対応を続けるのかという会話で、「我々は諦めていない」と明言しています。

Karpeles: The pressure we got from banks and governments make things very hard

また、銀行や政府からの圧力により、状況の改善が難しくなっているとも発言しています。

Karpeles: Well, technically speaking it’s not “lost” just yet, just temporarily unavailable

今回の件で個人的に損失を出したかという問いに対しては、「損失ではなく、一時的に手にできていないだけ」と発言しています。これは Mt. Gox の顧客がこの数ヶ月の間実体験として知っていることでしたが、運営側もそのような理解のようです。
早く手にできるようにしてよという世界中からの問い合わせには応じずに逃避しているようにもとることができますが、問題解決を諦めずに続けているのであれば最後までやりとげてもらいたいものです。すでに Mt. Gox 単体の問題を越えて、Bitcoin 全体の問題に発展しています。

徐々に明るみになる背景ですが、まだまだ先行きは不透明なままです。Mt. Gox 経営陣が逃げたという情報、再建を目指しているとう今回のようなニュース、あるいは救世主が現れて買収されるのではないかという噂など、様々な憶測が飛び交っています。

自体の早期解決のためにも、一刻も早く Mt. Gox としての正式なアナウンスをしてもらいたいものです。

ちなみに、CoinDesk では、補足として以下の写真と Karpeles CEO のコメントを掲載しています。

Karpeles_workspace

At home, with my cat being a pain sleeping on the keyboard.

Karpeles CEO が逃げずに自宅にいるという証拠の写真だそうです。

昔、Twitter が落ちた時には猫の写真が出ていましたが、今回はしゃれにならないタイプの落ち方なので、誰もこの写真では癒やされません。
今後、集団訴訟のような方向に向かう可能性も否定できませんので、慎重に情報を集め、掲載していきます。

Mt. Gox(マウントゴックス)復活へのシナリオ?

消滅かと言われている Mt.Gox(マウントゴックス)ですが、新たな動きが報じられています。gox.com という新たなドメインを取得し、ブランドの再建を図るのではないかとの情報です。

ドメインを取得した際には、取得者の情報がインターネット上に公開されますが、本日取得されたこのドメインの情報が Mt. Gox 関連のものだと判明しました。実際、この記事を執筆している最中に取得したスクリーンショットがこちらです。

whois

Mt. Gox の CEO、Mark Karpeles の名前があります。詳細は、下記リンクから確認できます。

gox.com の件だけではなく、再建に向けたシナリオをまとめたドキュメントが見つかっています。現在、下記リンク先から閲覧できるようになっています。

gox

ドキュメントによると、しばらく閉鎖した後に、Gox の名前で再建を目指すというプランでした。再建プランの信ぴょう性については疑問が残りますが、少なくともドメインを取得しているという事実からも、このプランが本当である可能性は高いと考えられます。そうなると、復旧は早くても4月1日ということになります。

引き続き、BitBiteCoin ではこの件を調査していきます。

$6M(約6億円)相当のビットコインが売りに出される

タイトルの通りです。執筆時点でのチャートのスクリーンショットがこちらです。

Screen Shot 2014-02-24 at 12.43.40 PM

日本時間で、本日24日(月曜日)の午前中にこの状況が確認されています。アメリカは、日曜日の夜です。

売却するにしても、このように大量のビットコインを一気に売却してしまうと、市場の価格は下がります。実際に、現在ビットコインの価格は下落中です。

Reddit のスレッドでは、売りだしたのは Mark Karpales ではないかとも噂されています。Mark Karpales は現在炎上中の Mt. Gox の CEO で、ちょうど同じ日の同じ時間帯に、Bitcoin Foundation のボードメンバーを辞任したと報じられています。辞任の詳細は、ウォール・ストリート・ジャーナルに掲載されています。

BitInstant の CEO が逮捕され、Bitcoin Foundation のボードメンバーを辞任したと報じられたのは1月28日の事でした。2014年に入って、ビットコイン界には次々と事件が起こっています。

今回の売却の背景はまだわかりませんが、市場に直接的に影響を与える出来事には違いありません。