Mt. Gox(マウントゴックス)の盗まれたビットコインが Bitstamp で売られた?

マウントゴックス関係の新たな情報が出ました。今度は、盗まれたビットコインの行先に関するメールが流出しました。それによると、マウントゴックスに紐付いているビットコインウォレットから、Bitstamp にビットコインが送金された記録が出たようです。

情報ソースの信憑性には疑問が残りますが、流出したメールの全文はこちらで閲覧可能です。

メールは Bitstamp の CEO に送られたものですが、はたしてこの内容は真実なのでしょうか。捏造でなければ、Bitstamp に送金された=Bitstamp 側で照会をすれば送金したアカウントを特定可能、ということになります。

これがきっかけとなって、自体の進展はあるのでしょうか。あるいは、これをきっかけに問題は Bitstamp にも波及してしまうのでしょうか。

$6M(約6億円)相当のビットコインが売りに出される

タイトルの通りです。執筆時点でのチャートのスクリーンショットがこちらです。

Screen Shot 2014-02-24 at 12.43.40 PM

日本時間で、本日24日(月曜日)の午前中にこの状況が確認されています。アメリカは、日曜日の夜です。

売却するにしても、このように大量のビットコインを一気に売却してしまうと、市場の価格は下がります。実際に、現在ビットコインの価格は下落中です。

Reddit のスレッドでは、売りだしたのは Mark Karpales ではないかとも噂されています。Mark Karpales は現在炎上中の Mt. Gox の CEO で、ちょうど同じ日の同じ時間帯に、Bitcoin Foundation のボードメンバーを辞任したと報じられています。辞任の詳細は、ウォール・ストリート・ジャーナルに掲載されています。

BitInstant の CEO が逮捕され、Bitcoin Foundation のボードメンバーを辞任したと報じられたのは1月28日の事でした。2014年に入って、ビットコイン界には次々と事件が起こっています。

今回の売却の背景はまだわかりませんが、市場に直接的に影響を与える出来事には違いありません。