BitOcean が新型のビットコイン ATM を提供開始

中国の BitOcean が、ビットコイン ATM の市場に変化をもたらします。既存の ATM(あるいは自動販売機)より高性能な、新型の ATM を発表しました。

BitOcean Technology Development Co, Ltd has released Chinese-developed and -made bitcoin ATMs with a feature list designed to compete with popular existing products.

The new machines – the second generation developed by the Beijing-based company – are two-way kiosks, meaning they enable users to buy and sell bitcoins, with multi-currency support and compliance capabilities to match various jurisdictions.

新型のビットコイン ATM は、ビットコインの購入だけではなくビットコインの販売もできる製品になっています。しかも、複数の通過に対応するとのことです。これによって、オンラインだけではなく実店舗でもビットコインを購入することができます。
気軽にビットコインが手に入るビットコイン ATM の存在は、ビットコインの普及には欠かせません。今後、ビットコイン決済に対応する店舗や商品が増えれば増えるほど、ビットコイン ATM の価値は高まっていきます。

ATM ビジネスは、簡単に参入できる市場ではありません。BitOcean の勢いを感じます。

BitOcean は、Mt. Gox (マウントゴックス)を救済して日本市場へ進出をする計画を持っています。BitOcean の成長は、日本のビットコイン市場にとっても好材料となります。

ビットコイン取引所 Kraken の日本市場への関心

以前より日本市場参入に興味をしめしていたビットコイン取引所の Kraken ですが、ついにその時が来るのか?と話題が出始めています。

記事では Kraken 誕生の背景や日本でこれまでに続けてきた活動が紹介されています。

Competition for a slice of Japan’s virtual currency market is intensifying as new entrants seek to take advantage of the vacuum left by Mt. Gox. BitFlyer began offering services in April. BitOcean, a Chinese startup, joined with New York-based Atlas ATS Inc. to bid for the assets of the defunct Mt. Gox. The two companies plan to start a bitcoin platform in the country this month, according to Nan Xiaoning, founder and chief executive officer of BitOcean.

Mt. Gox (マウントゴックス)が無くなった後、日本では bitFlyer が販売所を開設し、ビットコインの売買サービスを提供しています。BitOcean と Atlas は、マウントゴックスのスポンサーとなって参入することを目指しています。そこに、Kraken が参入する予定となっています。BitOcean や Kraken の事業開始がいつになるのかはまだわかりませんが、日本のビットコイン市場が活発になり、伸びていくことは間違いありません。

ちなみに Reddit では来月(9月)にも参入という見出しで紹介されていますが、いまの確かな情報ではありません。

日本にビットコインの取引所が登場か

引用 Tweet の通りです。

詳細は、ウォール・ストリート・ジャーナル(有料記事)をご覧ください。

記事内では、Mt. Gox(マウントゴックス)に関心を示している他の会社についてや、この計画の懸念事項についても言及されています。

前途多難かもしれませんが、大変興味深いニュースです。

追記 2014-07-14 17:18

日本語記事も出ました。