Bitnet と CardinalCommerce が提携!ビットコイン決済は急増するのか?

決済機能を提供している CardinalCommerce とビットコイン決済プラットフォームの Bitnet が提携を発表しました。

Merchants using payment authentication provider CardinalCommerce will now be able to accept bitcoin alongside alternative payment options including PayPal and Google Wallet.

The announcement is the result of a partnership between CardinalCommerce and bitcoin merchant processor Bitnet that enables merchants with custom-built shopping carts to send API messages to Cardinal’s platform through its One Connection service.

この提携により、CardinalCommerce の決済機能を導入している所では、ビットコインが使える可能性があります。可能性があるというだけで、いますぐ使えるわけでは無いのがポイントです。

ビットコインを導入する仕組みはそろいますが、その機能を有効化するかどうかは販売主次第となります。販売主側が積極的にビットコイン決済機能を取り入れたわけではなく、デジタル決済プラットフォームの側が勝手に拡張したという背景があります。そのため、どれほどの販売主がビットコイン決済機能を求めているのかは不明です。

これを受けて、早くもビットコイン決済機能を有効化して欲しい人達がアクションを起こしています。

楽天の採用表明もあり、Bitnet が勢いを増しています。

楽天がビットコインの受付を開始!※ただし

ついに楽天が動きました。

ビットコイン採用に向けた前向きな姿勢は以前から明らかになっていましたが、ついに正式に開始することになると発表されました。

Rakuten, Inc. (TOKYO: 4755), today announced that it plans to enable customers to choose bitcoin as a payment option by integrating Bitnet’s payment processing platform on a number of its marketplaces. The Internet services giant will begin accepting the new payment method first on Rakuten.com in the US, to be followed by Rakuten.de in Germany and Rakuten.at in Austria.

ただし、日本以外での開始です。見出しを見て興奮しましたが、いまのところはアメリカ等でスタートするのみです。

日本でのビットコイン採用は、いつになるのでしょうか。