BitFury が $100M を投資して設立する巨大マイニングセンターの計画が明らかに

BitFury が計画しているマイニングデータセンターに関する情報が出てきました。

BitFury は、前回の資金調達時にこの計画について触れていました。

Georgia に設立

BitFury will invest $100m in building a 100MW bitcoin mining data centre in Georgia, according to a new report by local news source Agenda.

$100M(約120億円)の投資によって、Georgia(グルジアじゃなくてジョージアと読んでください)に設立されます。目的はもちろん、ビットコインの採掘です。BitFury が開発したマイニングハードウェア、チップがフル活用される予定です。

The data centre will be built on 185,000 square miles of land set aside by the Georgian National Agency of State Property to create a “special technology zone” with the goal of attracting international technology firms, the news source said.

首都に特区を作り、その中に巨大なデータセンターを置く計画です。Georgia としては、BitFury をきっかけとして様々なテック系企業が進出してくれることを期待しているようです。$100M の巨額投資もありますので、国家として大歓迎ムードです。

さて、BitFury に続き Georgia に進出する企業は出てくるでしょうか。

採掘ハードウェアメーカーの BitFury が追加で $20M を調達

BitFury が再び資金調達をしました。

BitFury, the best capitalised mining firm in bitcoin, today announced it has raised an additional $20m in funding.

The raise, its third in two years, brings the company’s total to $60m, double that of rival KnCMiner ($29m) and over half of the total investment in mining infrastructure to date ($116.5m).

今回の調達金額は $20M(約24億円)で、トータル $60M です。ビットコイン関連のハードウェアメーカーとしては、引き続きトップの調達金額になります。毎回、$20M を調達しています。

ハードウェア系は資金が必要ですが、ビットコイン関係のハードウェアを取り扱っているスタートアップで資金調達に成功している例は限られています。これで、ビットコイン採掘関係のスタートアップが調達した金額の総合計のうち、半分以上が BitFury ということになります。

In a statement, BitFury said the funds will go towards “accelerating growth” following its acquisition of a new 100MW data centre in the Republic of Georgia and the roll out of its 28nm ASIC.

BitFury は、今後データセンターの買収や、新型チップの開発に注力するとのことです。

ビットコイン関連のハードウェアメーカー BitFury が $20M を調達

採掘用のハードウェアなど、ビットコイン関連のハードウェア及びサービスを提供している BitFury が資金調達を行いました。今回の調達金額は $20M(約20億円) です。

BitFury Group, the leading Bitcoin infrastructure provider and transaction processing company, announced today that it has committed to spend $20 million sourced from external and internal sources to continue its strong momentum as the leader in cryptocurrency transaction processing. The majority of the funds came from external sources, with significant interest from highly respected venture capitalists and individual investors including prominent venture capitalist Bill Tai, former CFO at VeriFone and President at Flextronics Bob Dykes, and co-founder of Google Maps Lars Rasmussen.

BitFury の調達は2014年に入って2度目となり、トータルの調達金額は $40M(約40億円)となります。

ウォレットや決済サービス以外のビットコイン関連企業が資金調達を成功させたことは、市場全体の盛り上がりを考えると非常に意味のある事です。