ギリシャに広がる不安!ビットコイン ATM も登場

再びギリシャです。Yahoo! ニュースのトップに出ています。

“ギリシャに広がる不安!ビットコイン ATM も登場”の続きを読む

BitOcean が新型のビットコイン ATM を提供開始

中国の BitOcean が、ビットコイン ATM の市場に変化をもたらします。既存の ATM(あるいは自動販売機)より高性能な、新型の ATM を発表しました。

BitOcean Technology Development Co, Ltd has released Chinese-developed and -made bitcoin ATMs with a feature list designed to compete with popular existing products.

The new machines – the second generation developed by the Beijing-based company – are two-way kiosks, meaning they enable users to buy and sell bitcoins, with multi-currency support and compliance capabilities to match various jurisdictions.

新型のビットコイン ATM は、ビットコインの購入だけではなくビットコインの販売もできる製品になっています。しかも、複数の通過に対応するとのことです。これによって、オンラインだけではなく実店舗でもビットコインを購入することができます。
気軽にビットコインが手に入るビットコイン ATM の存在は、ビットコインの普及には欠かせません。今後、ビットコイン決済に対応する店舗や商品が増えれば増えるほど、ビットコイン ATM の価値は高まっていきます。

ATM ビジネスは、簡単に参入できる市場ではありません。BitOcean の勢いを感じます。

BitOcean は、Mt. Gox (マウントゴックス)を救済して日本市場へ進出をする計画を持っています。BitOcean の成長は、日本のビットコイン市場にとっても好材料となります。

日本国内でもついに加速をはじめたビットコイン

TechCrunch Japan に記事が出ています。日本もショックから立ち直りつつあります。

ビットコイン ATM の Robocoin

東京にはビットコインATMが登場

5月末には、米国製ビットコインATMの「Robocoin(ロボコイン)」が西麻布のVerandaと六本木のPink Cowという飲食店に設置された。Robocoinは、運転免許証スキャナー、手のひら静脈認証、顔写真撮影といった本人確認機能を備えるビットコインのATMだ。あらかじめデジタルウォレットを作成していれば、円紙幣でビットコインを購入したり、ビットコインを売却して、円紙幣を受け取ることが可能だという。

ビットコインの利用者拡大を目指すためには、まずはビットコインを簡単に手にすることができる環境が必要です。ATM は、最適な解決策ではないでしょうか。東京の AMT をきっかけに、今後も設置場所が増え、利用者が増えていくことを期待します。

ビットコイン販売所の bitFlyer

ビットコイン販売所のbitFlyerは国内VC2社から資金調達

時を同じくして5月末、国内のスタートアップであるbitFlyerが、ビットコインのオンライン販売所「bitFlyer」を公開した。bitFlyerは、買い手の希望する金額にマッチする売り手がビットコインを販売する取引の場となる「取引所」とは異なり、外貨への交換のように、固定価格でビットコインの売買ができる「販売所」となっている。これまでビットコインの取引所はあったが、販売所を提供するのは日本では初だそうだ。

(中略)

同社は6月6日、国内のベンチャーキャピタル2社(非公開)から約1億2000万円の資金を調達している。

先日紹介した bitFlyer にも動きがありました。bitFlyer もビットコインの利用者拡大に欠かせない販売所という役割を担っていますが、順調に資金調達が進んでいるようです。セキュリティーの強化にはじまり、何かと資金が必要となるビットコイン関連事業ですが、順調な滑り出しに期待が持てます。

またbitFlyerでは、直近にも「bitWire」と呼ぶ送金機能を提供する予定だ。通常ビットコインを送金する場合、認証までに少なくとも10分、長ければ1時間ほどかかるそうだ。だがそんなに時間がかかってしまうのであれば、通常の店舗では利用が難しい。実際に海外での利用実態としては、認証を待たずにビットコインでの決済を受け付けるケースもあったそうだ。だが将来的に、認証途中に利用者が店舗を去ってしまって「認証できない(支払われない)」となって問題になるかもしれない。しかしbitWireを利用すれば、(仕組みについては教えてもらえなかったが)その処理を約1秒で終わらせることができるのだそうだ。

bitFlyer には新たな起爆剤も用意しているようで、その成り行きについても目が離せません。

日に日に加速するビットコインへの追い風に、夢が膨らみます。

ビットコインデビットカード CryptexCard の紹介動画

本日の動画ニュースでも配信しましたが、ビットコインをリアル世界で使う新たなオプションの登場です。紹介動画はこちら。

  • ビットコインを現金に両替して引き出せるカード
  • 日本でも 50,000 箇所で使える
  • カードの発行は海外からでも可能

というわけで僕もさっそく本日アカウント開設しました。承認待です。

取引所などのビットコイン関係のアカウントには、写真入りの証明書(パスポート)や英語で住所が記載された公的書類が必要になります。こちらのアカウントも同様でした。

開設は Cryptex のサイトからどうぞ。

カードが届いたら、試してみたいと思います。

ドバイは規模が違う!400台のビットコイン ATM が一斉に登場!

1台導入されたらニュースになるビットコイン ATM ですが、この度ドバイで400台が一斉に導入されるというニュースが入りました。わずか2週間で、これらを稼働させるそうです。

<

p>ドバイを始めとする中東では、そこまでビットコインが盛り上がっているのでしょうか。これまでは北米やアジアのニュースが多かったのですが、今後は中東のビットコイン動向にも注意をしていこうと思います。

ビットコインが使える場所を探せる地図

ビットコインの ATM が各地で登場しています。また、ビットコインを使って支払いができるお店も増えてきました。ところが、そういった情報がなかなか手に入らないため、実際に使ってみよう!と思い立っても一歩を踏み出すのが大変です。
そんなときに便利な、ビットコインが使える場所を探せる地図を紹介します。

リンク先を訪問すると、現在地を確認するメッセージが表示されます。承認すると、現在地周辺の情報が表示されます。

Cointerest_-_Map

ビットコインだけではなく、Litecoin も選ぶことができます。

さて、あなたの近くには使える場所があったでしょうか?この記事を執筆している最中に、現在地周辺(大阪市内)で検索してみると、いくつかお店が見つかりました。意外と見つかるものです。

韓国にもビットコインの ATM が登場

今回は、正真正銘、ATM と呼べるものが稼働しているようです。

Not only is the machine produced locally by a home-grown company, it is also two-way, meaning users can also sell bitcoins and withdraw cash.

これまでにも、購入のみができる端末、つまり ATM というより自動販売機と呼んだほうが正確な端末が登場するニュースがありました。今回は、ちゃんと現金も引き出せるもののようです。

さて、このような端末が日本にやってくる日は来るのでしょうか?

新しいビットコインの ATM が登場

各地でビットコインの ATM が誕生していますが、また新たな ATM が動き始めました。今回は、アメリカのボストンです。

この ATM でできる事は、次のようなことです。

  1. ビットコインウォレットの ID と紐付いている QR コードを ATM にかざす
  2. 入金したい金額分の現金(USドル)を投入する
  3. ビットコインウォレットにビットコインが登録される

つまり、現金を投入することによって、ビットコインへの両替とウォレットへの登録ができる端末です。ATM というより、ビットコインの自動販売機という方が正確だと思います。世界各地に登場しているので、どこかで試してみたいと思います。