Apple Pay でビットコインはどう変わるのか

Apple の新しい iPhone と、関連サービスが発表されました。ビットコインにとっても、大きな変化が訪れます。

注目のポイントは、Apple Pay です。iPhone を使って店頭やオンラインでスムーズ支払いが実現できるというサービスです。

開催中のスペシャルイベントより。アップルが、iPhone 6およびiPhone 6 Plusで利用できる電子決済サービス Apple Payを発表しました。

決済用のクレジットカードやデビットカードを内蔵カメラで撮影すると、カード情報を自動的に認識して銀行に照会し、利用できるようになります。iTunesの決済用カードをPassbookに追加することでも追加可能。

決済時にはワンタイムナンバーのみ店舗やサービスに伝える仕組み。NFCに対応したiPhone 6とiPhone 6 Plusで新たに利用できるようになる機能です。

2014年10月に予定しているiOS 8のアップデート内容のひとつとして提供を開始する予定ですが、iOS 8とiPhone 6 / 6 Plusのリリースよりはやや遅れる見込み。提携するクレジットカード会社はVISA、MasterCard、American Express。

同時に発表された腕時計型デバイスの Apple Watch でも支払いができるようになるとのことです。これはつまり、常に持ち歩いてる iPhone や 腕時計で支払いができてしまうということを意味します。わざわざかばんの中を探し回る必要が無くなります。

最大のポイントは、指紋認証と NFC の組み合わせです。

Touch IDの指紋認証およびセキュアエレメントと連携することで、導入するストアやアプリならば、オンライン決済でも、カード番号や住所入力を使わずに、Touch IDの指紋認証で決済が完結します。店舗側にカード情報を渡すことなく決済できる点がメリットのひとつです。アップル側でも取引データの蓄積は行わないとのこと。

支払いに関する認証処理は、iPhone でお馴染みの指紋認証で実現しています。そして、NFC を搭載することにより、店頭でも iPhone をかざすだけで支払いが完了します。

これらの特徴はすべて、簡単に支払いができるという一点に収束しています。Apple Pay を前にすれば、ビットコインでの支払い(スマートフォンを出してビットコインウォレットアプリを立ちあげて QR コードを見せて読み取ってもらう等)すら煩わしくなるほどのインパクトがあります。

Apple が NFC を採用したという事は、世界中で同じ規格に対応した端末が流通することになります。そしてそれにあわせて、世界中の小売店が我先にと NFC 対応のレジを導入することになります。決済の流れが、大きく変わります。

ビットコインにとって、これは大きな分岐点です。Apple Pay とビットコインが連動して支払い時にビットコインが使えるようになるというのがベストなシナリオだと思いますが、その実現性は不明です。果たしてビットコインは、より利便性の高い決済手段となり得るのでしょうか?Apple Pay と同等のスマートな決済ツールになるためには、外部インフラとの連携が欠かせません。そのインフラの整備を誰がリードするのか、そしてどれほどスマートな決済のシナリオを提案できるのか、課題はいろいろとあります。

もちろん、ビットコインは Apple Pay とは全く違った次元のテクノロジーです。金融のインフラが整っていない国や地域での可能性の大きさは、逆に Apple Pay の比ではありません。

つい先日、PayPal の新しい動きも発表されました。いままさに、大きな変化が起ころうとしています。

来年のいまごろ、人々はどのようにお金を支払っているでしょうか。

追伸。個人的に楽しみにしていたクレジットカードを統合するカード、Coin はどうなるのでしょうか。

ついに!Blockchain の iOS 用ウォレットアプリが復活

かつて Blockchain のアプリが Apple に排除されて、ビットコインと Apple(iOS)との冬の時代が始まりました。

今年の WWDC で風向きが変わり、一転してビットコインに寛容になった Apple ですが、ついに Blockchain の新アプリが登場する日を迎えました。

Blockchain の CEO も狂喜乱舞しています。

アプリはこちらから無料でダウンロードできます。

Google 検索がビットコイン価格の表示に対応!可能性が広がる

Google Finance に続き、いよいよ Google の本体がビットコイン価格の表示に対応しました。

通常の通貨レートを表示する場合と同じように、“1btc jpy” というようなキーワードで検索すると計算結果が表示されます。

他の通貨ではよく使う機能でしたが、ビットコインも対応したということはまず利便性の面で良いニュースです。

加えて、Google の検索にこの機能が付いたということは、ビットコイン価格を取得する事の敷居が下がったという点でも非常に良いニュースです。Google の検索を使う様々な製品から、ビットコイン価格を参照できるようになります。

例えば、Google Now で今日のビットコイン価格を取得することもできます。Google Glass と組み合わせれば、ビットコイン価格を音声検索経由で取得することも可能になります。

ちなみに Siri でもビットコイン価格が表示できると話題になっていますが、Siri は WolframAlpha を使って表示しているようです。

Siri

先ほど僕も英語版の Siri でやってみましたが、ドルへの変換はうまくいきました。円への変換はうまくいきませんでした。

Google のビットコイン価格変換処理には、Coinbase が情報提供をしているとの記事が出ています。

Google partnered with Coinbase to support BTC conversions, according to bitcoin news site Coindesk.

上記 TechCrunch の記事からリンクされている CoinDesk の記事はこちらです。

ビットコインウォレットサービス GreenAddress の iOS アプリがついに登場!

GreenAddress の iOS アプリがまもなく登場というニュースをお伝えしていましたが、ついに正式リリースとなりました。こちらから無料でダウンロードできます。

日本の Apple App ストアでも配信中です。さっそくダウンロードしてみましたが、無事に起動できました。

GreenAddress といえば、強化されたセキュリティーなど様々な特徴があります。詳細については、GreenAddress の紹介記事をご覧ください。

iOS のウォレットアプリが続々登場します。さらに今年の秋に登場予定の iOS8 では、指紋認証が使えるウォレットアプリが登場する可能性もあります。いまから楽しみで仕方ありません。

続々と出てくる予感!ビットコインウォレット GreenAddress の iOS アプリがレビュー待ちに

セキュリティー重視のビットコインウォレットサービスとして2014年4月に紹介した GreenAddress から良いニュースです。

GreenAddress の公式 Twitter アカウントが、次のような発言をしています。

GreenAddress が Apple App ストアに公開申請したアプリが、現在レビュー待ち状態になっているとのことです。これは、GreenAddress が提供しているウォレットサービスが、ついに iOS 用のアプリとなって登場する可能性を示しています。

これまでは Apple のガイドラインに従って、ビットコイン関連のアプリは公開申請が却下されていました。しかし、先日のガイドライン変更以降、次々と良いニュースが届いています。

CoinPocketCoinJar など、公開されるアプリが続いています。提供できる地域が限定されたものもあれば、今後何らかの理由により公開が打ち切られるアプリも出てくると思います。それでも、新しいガイドラインに従ってさっそくアプリが登場したことは、すばらしいニュースです。

却下される可能性も残る中、果敢にトライして良い前例を作ってくれたアプリ製作者の皆様に敬意を払いたいと思います。ありがとうございます。

いますぐダウンロード!iOS で使えるビットコインウォレットアプリが審査を通過

Apple App Store の審査ガイドライン改定の影響が実感できる時が来ました。今回登場したアプリは、日本の App ストアでもダウンロードできます。いますぐどうぞ。

6月に入り、Apple が App Store の審査ガイドラインを改定したというニュースをお伝えしました。その中で、ビットコインの送金ができるアプリが一部地域では使えるようになるかもしれない、との解釈を記していました。加えて、日本ではまだしばらく無理かもしれないというという事も記していました。

しかし、予想以上に早く、日本の App ストアでもダウンロードできるアプリが登場しました。

今回ダウンロードできるようになったのは、CoinPocket です。CoinPocket は、HTML5 ベースのビットコインウォレットとして、以前に紹介したものです。ほぼ同じ UI を備えて、ネイティブアプリとして登場しました。

CoinJar とは違い、CoinPocket は日本の App ストアでもダウンロードできます。

ダウンロードはこちらからできます。

Via It’s true. Bitcoin wallets are allowed in all Apple App Store countries. Download CoinPocket on iOS! : Bitcoin

Apple App Store の審査ガイドライン改定により iOS 用ウォレットアプリが復活

Apple が App Store のアプリ審査ガイドラインを変更したというニュースの続報です。

変更された結果、法的に問題が無ければ仮想通貨の送金ができるアプリを承認するという方針が打ち出されていました。つまりは全面解禁ではなく、判断を政府や法律に委ねるという決定になっています。
その結果、全世界的にアプリを公開、流通させることは事実上不可能だと思われました。

そんな状況の中、さっそく地域限定でアプリ公開の承認が降りた事例が出ました。開発元の会社の CEO が Twitter で発表しており、CoinDesk が詳細を伝えています。

Australia-based bitcoin wallet and exchange provider CoinJar has announced that its iOS app is now available for iPhone users in the UK and Australia.

こちらがそのアプリです。

これは、非常に良い事例です。音楽のストリーミング配信系のアプリ同様、まだまだ国や地域による法律やルールの違いという課題が残ります。それでも、実際に利用できるアプリが存在することの意味は大きいです。

CoinJar co-founder Ryan Zhou took to reddit to offer some additional news, suggesting that his company’s approved iOS app would soon be more widely available.

CoinDesk の記事は、CoinJar の共同創業者が Reddit にさらなるニュースを投稿していると伝えています。その発言によると、この後以下の国や地域でもアプリが公開されるとのことです。

“[The] CoinJar app will be available in the following countries in 24 hours: Australia, Austria Belgium, Canada, Denmark, Finland, France, Germany, Hong Kong, Ireland, Italy, Luxembourg, Netherlands, New Zealand, Norway, Poland, Singapore, Spain, Sweden, Switzerland [and the] UK.”

他の仮想通貨や、他のビットコイン関連アプリも、前進できるのではないかと期待が持てるようになりました。

WWDC で盛り上がる Apple が App Store 審査ガイドラインで仮想通貨に言及

Apple はいままさに、開発者会議のまっただ中です。今朝は新製品発表にともなうニュースが飛び交っています。

Apple はこれまで、基本的に仮想通貨の送金ができるアプリは排除してきました。情報提供系のアプリは承認されますが、ウォレット系のアプリを App Store で配信することは非常に難しいという現実がありました。

はっきりとした立場は不明だった Apple ですが、この度ついに明確な方針を打ち出しました。TechCrunch が伝えています。

Now, Apple has added a new rule under its App Store Review guidelines that specifically mentions bitcoin.

Apple の App Store 審査ガイドライにおいて、明らかに Bitcoin について言及されている箇所があります。

問題の箇所はこちら。

11.17 Apps may facilitate transmission of approved virtual currencies provided that they do so in compliance with all state and federal laws for the territories in which the app functions.

Apple は、政府に承認され、法的に問題がないのであれば、仮想通貨の送金を取り扱うアプリを承認するとしています。よくある、※ただしというやつですね。

これは事実上、承認しないという判断に等しいです。国や政府単位では承認されて使えるようになる地域も出てくる可能性がありますが、広く一般に使われるアプリとしては、まず登場しないでしょう。

iOS 8 や新しい Mac OS X Yosemite が魅力的なだけに、少々残念なニュースです。