中国のビットコイン採掘工場再び!

以前に、ビットコイン採掘工場の実態を取り上げたレポート記事を紹介しました。今回は、より大きな工場の内部の写真が公開されています。

前回の記事はこちらです。

今回も、前回と同じく The CoinsmanThe Coinsman に投稿された記事です。

46-rq3ZW8t

They keep the machines cool with an evaporative cooling system.

大量の端末など注目すべきものが多々あるのですが、中でも前回と違うのがこの冷却システムです。写真のような、水を蒸発させるタイプの冷却システムを利用しているとのことです。もちろん冷却ファンも大量に設置されていますが、消費電力と冷却効果との果てしない戦いの後が感じられます。

衝撃的な電源ケーブルの太さは、ぜひリンク先の記事でご覧ください。

これほど本気のマイニング環境が世界各地にあると思うと、採掘のハードルがどれほど高くなっていることも理解できます。

採掘より手軽にビットコインをはじめる方法については、こちらの記事をご覧ください。

Via Pictures from another Chinese bitcoin mine : Bitcoin

衝撃!写真で見る中国のビットコイン採掘工場の実態

中国のビットコイン採掘工場の内部を公開したブログ記事が話題になっています。

The first thing you notice as you approach the warehouse is the noise. It begins as soon as you step out of the car, at which point it sounds like massive swarm of angry bees droning away somewhere off in the distance. It becomes louder and louder the closer you get to the building, and as you step through the doors it becomes a deafening and steady roar; a combination of tens of thousands of tiny ASIC chips hashing away, and dozens of large industrial fans serving to cool down the “workers”.

実際に中国の工場を訪問したという記者がまず驚いたこととして、騒音を挙げています。外まで聞こえるその大きな音は、録音して公開されています。

The place consumes a massive amount of electricity. The operators told me that the power bill of this specific operation is in excess of ¥400,000 per month (that’s about $60,000 USD).

消費する電気代は結構なものです。毎月600万円相当の電気代請求が来ていると伝えられています。それでも元が取れるほど、採掘できているということでしょう。

The guys live here mostly full time, going home for 4 or 5 days once a month. They sleep on the premises.

機器のメンテナンスをする係の人は、ほとんど住み込みとのことです。月に4〜5日しか家に帰らない生活をしているようです。生活場所についても、写真が掲載されています。
騒音の中、まともに生活できるのでしょうか。

その他、たくさんの写真が投稿されています。ぜひリンク先をご覧ください。

Via Photos: Inside a Chinese Bitcoin Mine : Bitcoin