仮想通貨取引所の枠を越えたトレードを実現する EXCHANGE UNION が ICO を発表

興味深いプロジェクトの立ち上げを聞きつけましたので、紹介します。このプロジェクトを立ち上げ、運営しているメンバーからの直接の相談を受け、現在内容を詳しく聞いています。さっそく、現時点で公開されている情報を元に、Exchange Union についての情報を紹介します。

中国上海の VC、Huiyin Blockchain Venture の創業者が、仮想通貨のエコシステムにおける新たなイノベーションを目指したプロジェクトを開始しました。プロジェクト名は Exchange Union Coin で、通貨記号 XUC として ICO を目指しています。

XUC は取引所をまたいだ取引を実現するためのトークンとして発行され、取引の利便性や効率の向上を目指すとのことです。これにより、違う通貨や資産でも、トレード、決済、入出金ができるようになります。

“仮想通貨取引所の枠を越えたトレードを実現する EXCHANGE UNION が ICO を発表” の続きを読む

Blockstream Samson Mow インタビュー UASF 議論のポイントは?

藤本真衣です。Bitmain Jihanさんのインタビューに続き、今回はBlockstreamのCSO(最高戦略責任者)Samson Mowさんのインタビューを紹介します。私がかぶっているUASFの帽子を見たことある方も多いのでは?UASFとは、ユーザー・アクティベイト・ソフトフォークの略で、要するに8月1日(フラグ・デイ)を堺に強制的にソフトフォークを実行するための提案です。

この記事を書いている、7月18日午前4時(日本時間)現在では、BIP91のハッシュレートが60%を超えているので、その後bits1がシグナルされれば何事もなくSegwitがロックインされるので、UASFも起きない可能性も多くなってきました。それはさて置き、そもそもBitBiteCoinはこの業界に関わる人のビジョンにフォーカスしていくメディアなので、そのような意味でも彼からは良い話が聞けました。

“Blockstream Samson Mow インタビュー UASF 議論のポイントは?” の続きを読む

ビットコインのハードフォーク問題 vol.2 – ユーザーが気をつけること

ビットコインのハードフォーク問題 vol.1ではハードフォークとは何かを説明しましたが、今回はハードフォークが起きたときにユーザーが気をつけるべきことについて話したいと思います。

(1)イーサリアムのハードフォークの時に起こった問題って?

リプレイアタック/リプレイ攻撃という問題が起きました。vol.1でも述べたように、ハードフォークが起きるとビットコインの場合、10BTCを持っていたら、10BTCと10BTUをもらうことになります。イーサリウムはハードフォークしてETHとETCに別れ、それまで持っていたらETHと同じ数のETCが分配されました。

“ビットコインのハードフォーク問題 vol.2 – ユーザーが気をつけること” の続きを読む

ビットコインのハードフォーク問題 vol.1 – ハードフォークって何?

そもそも最近耳にするハードフォークって何なんでしょうか。

ハードフォークが起きた場合?

ざっくりいうとハードフォークが起きるとビットコインがBitcoin(BTC)とBitcoin Unlimited(BTU)の2種類にわかれます。株式分割のように、現在10BTC持っている人がいたら10BTCと10BTUを付与されることになります。

ただでさえ仮想通貨って何?ビットコインって何?という人もまだまだ沢山いるなか、ビットコインには2種類あります、なんてことになったらわけがわからないですよね。そして2種類あってもビットコインを使っていない人たちからしたら、両方ともビットコインでしょということになってしまいます。

ハードフォークって何?

“ビットコインのハードフォーク問題 vol.1 – ハードフォークって何?” の続きを読む

coincheck が Ethereum(Ether)の販売を開始

日本のビットコイン取引所 coincheck が、Ethereum の販売を開始しました。

この度、弊社coincheckでは、ワールドコンピュータとも言われている「Ethereum(以下イーサリウム)」の基軸となる仮想通貨「Ether(以下イーサー)」の販売所を開始しました。

“coincheck が Ethereum(Ether)の販売を開始” の続きを読む