BitFury が $100M を投資して設立する巨大マイニングセンターの計画が明らかに

BitFury が計画しているマイニングデータセンターに関する情報が出てきました。

BitFury は、前回の資金調達時にこの計画について触れていました。

Georgia に設立

BitFury will invest $100m in building a 100MW bitcoin mining data centre in Georgia, according to a new report by local news source Agenda.

$100M(約120億円)の投資によって、Georgia(グルジアじゃなくてジョージアと読んでください)に設立されます。目的はもちろん、ビットコインの採掘です。BitFury が開発したマイニングハードウェア、チップがフル活用される予定です。

The data centre will be built on 185,000 square miles of land set aside by the Georgian National Agency of State Property to create a “special technology zone” with the goal of attracting international technology firms, the news source said.

首都に特区を作り、その中に巨大なデータセンターを置く計画です。Georgia としては、BitFury をきっかけとして様々なテック系企業が進出してくれることを期待しているようです。$100M の巨額投資もありますので、国家として大歓迎ムードです。

さて、BitFury に続き Georgia に進出する企業は出てくるでしょうか。

ビットコイン採掘を行う巨大データセンターの内部写真と驚愕のビジネスモデル

ビットコインの採掘ハードウェアを販売している KnCMiner のデータセンターの写真が話題になっています。

knc

他の写真はこちらで閲覧できます。

巨大なデータセンターに大量に並べられた採掘マシン。ここから膨大なビットコインが生み出されているのかと思うと、感慨深いです。

これが単なる本気の採掘環境の写真であれば、感想は以上です。しかし、これは採掘ハードウェアを販売している会社のデータセンターです。

つまりこれは、出荷を待つ端末だと考えられます。組み立てたマシンを動作検証のためにラックに接続し、動作させている様子だと指摘されています。ユーザーが購入した端末を順次ラックに追加し、採掘してから出荷するという二度美味しいシステムが成り立っているのではないでしょうか。

写真を見る感じでは電気代も相当なものだと思いますので、収支がどのようになっているのか気になるところです。

参考リンク