BitPay がフットボールゲームのスポンサー契約を打ち切る

BitPay の大規模なプロモーションが、終了しました。

2014年6月に、スポンサー契約について、以下のようにのお伝えしていました。

BitPay は、毎年ポストシーズンに行われる The St. Petersburg Bowl と、4年間にわたるスポンサー契約を締結しました。これによって、the Bitcoin St. Petersburg Bowl という名前でゲームが開催されることになります。

しかし、複数年契約のはずが1年たらずで契約打ち切りとなりました。

公式な声明がないため正確な理由は不明ですが、うまくいかなかったことは確かです。ビットコイン市場全体の知名度向上を目指した当初の目的は、市場環境の変化で変わっていったのでしょうか。

BitPay の競合も力をつけてきた今、ビットコイン全体ではなく、BitPay 自体のプロモーションにリソースを集中したいという意図である可能性もあります。どちらにせよ、少し残念なニュースではあります。

BitPay がビットコインの認知度向上のために大規模なプロモーションを開始!

アメリカで人気のスポーツに、アメリカンフットボールが挙げられます。その中でも、カレッジフットボールの人気は高く、テレビ等で広く視聴されています。

カレッジフットボール(英: College football)とは、アメリカ合衆国の大学が参加して行われるアメリカンフットボールの大会をいう。プロリーグであるNFLと並んでテレビなどでの放映が行われ、アメリカにおけるフットボール人気の一つの柱となるスポーツ大会である。アメリカ国内ではMLBやNBAと並ぶ、若しくはそれらを上回る人気を誇り、特に北米4大プロスポーツリーグのチームがない州や都市では、スポーツに対する最大の関心事の一つとなっている。

そういった背景を踏まえて、こちらのニュースをご覧ください。ウォール・ストリート・ジャーナルが伝えているニュースです。

The annual postseason college football game played in St. Petersburg, Florida will for the next four years be known as the Bitcoin St. Petersburg Bowl as part of a sponsorship deal signed between bitcoin payment processor BitPay and ESPN Events.

BitPay は、毎年ポストシーズンに行われる The St. Petersburg Bowl と、4年間にわたるスポンサー契約を締結しました。これによって、the Bitcoin St. Petersburg Bowl という名前でゲームが開催されることになります。

BitPay という社名ではなく、Bitcoin という市場全体の普及を目指したプロモーションという点がニクイです。すばらしい。

開催はクリスマスシーズですので、まだ少し先になります。それでも、このニュースのインパクトは大きいです。そしてこれから年末に向けてのビットコインの認知度向上が期待できます。
さらに、BitPay がこれ以外のプロモーションを行う可能性も十分に考えられるため、2014年は想像以上の早さでビットコインが認知される可能性があります。

開催までのカウントダウンは、こちらから確認できます。ばっちり、Bitcoin の名が刻まれています。