ビットコインでクリエイターにチップを送金!ChangeTip の考える SNS 時代のチップのありかた

ChangeTip は、ソーシャルメディア上で簡単にチップを送金できるようにするサービスを提供しています。もちろん、ビットコインを使った決済によって成り立っている仕組みです。

チップを送る方法は、簡単です。

“ビットコインでクリエイターにチップを送金!ChangeTip の考える SNS 時代のチップのありかた”の続きを読む

香港のスターバックスでビットコインを使う方法

香港のスターバックスでビットコインが使えるようになりました。ただし、正式にスターバックスがビットコインの取扱を始めたわけではありません。

Fold という製品がこの取引を実現しています。Fold は、プリペイドカードにビットコインで入金をするための製品です。オンラインでビットコインアドレスを読み込ませて、バーコードを生成します。そのバーコードを店頭で使えば、ビットコインで支払ができるという仕組みです。

“香港のスターバックスでビットコインを使う方法”の続きを読む

ビットコインでの商品売買を仲介する Brawker が閉鎖

市場環境の変化に伴い、1つの製品が終了することになりました。

Brawker は、ビットコイン決済に対応していない Web サイトの商品をビットコインで買えるようにしてくれるサービスを提供しています。あらゆる商品の売買において、ビットコインでの仲介を実現しようとしていました。

“ビットコインでの商品売買を仲介する Brawker が閉鎖”の続きを読む

オーストラリアのビットコイン取引所 Igot が決済サービスに参入

ビットコインでの決済を実現するサービスは複数ありますが、新たな選択肢が登場しました。

Australian exchange Igot is aiming to rival bitcoin payment giants Coinbase and BitPay with the launch of its own international merchant solution.

オーストラリアでビットコインの取引所を運営している Igot が、参入します。この分野では、先行している CoinbaseBitPay がシェアを拡大しています。国際的に利用できる新たなサービスとして、ユーザーの支持を得ることが出来るでしょうか。

Igot’s platform will enable e-commerce and brick-and-mortar merchants to integrate bitcoin payments in almost 40 countries and transact in 10 different fiat currencies.

40ヶ国、10の通貨に対応してスターとするとのことです。

競争が市場全体の質の向上につながると期待して、今後の展開にも注目していきます。

大統領候補者がビットコインでの献金を受け入れ開始

大統領候補者がビットコインで献金を受け付けるのは、初めての事です。

Bitcoin fits in with Paul’s views that government should take a more “hands off” approach to controlling the nation’s money supply, which drives up inflation and devalues the currency. He’s also likely trying to draw the attention of young, tech-savvy voters.

政策とビットコインの相性が良く、また選挙戦略上も狙っている層から注目を集めることができるため、今回の決定に踏み切ったようです。

Paul, a U.S. senator from Kentucky, announced his bid on Tuesday. His website shows he’s also accepting donations in credit cards and from PayPal.

ビットコインだけではなく、クレジットカードや PayPal でも献金を受け付けています。

献金の敷居が下がりますが、透明性の点などで課題も出てきそうです。成功すれば、ビットコインの使い方として定着する可能性もあるため、成果を期待したいと思います。

Bitnet と CardinalCommerce が提携!ビットコイン決済は急増するのか?

決済機能を提供している CardinalCommerce とビットコイン決済プラットフォームの Bitnet が提携を発表しました。

Merchants using payment authentication provider CardinalCommerce will now be able to accept bitcoin alongside alternative payment options including PayPal and Google Wallet.

The announcement is the result of a partnership between CardinalCommerce and bitcoin merchant processor Bitnet that enables merchants with custom-built shopping carts to send API messages to Cardinal’s platform through its One Connection service.

この提携により、CardinalCommerce の決済機能を導入している所では、ビットコインが使える可能性があります。可能性があるというだけで、いますぐ使えるわけでは無いのがポイントです。

ビットコインを導入する仕組みはそろいますが、その機能を有効化するかどうかは販売主次第となります。販売主側が積極的にビットコイン決済機能を取り入れたわけではなく、デジタル決済プラットフォームの側が勝手に拡張したという背景があります。そのため、どれほどの販売主がビットコイン決済機能を求めているのかは不明です。

これを受けて、早くもビットコイン決済機能を有効化して欲しい人達がアクションを起こしています。

楽天の採用表明もあり、Bitnet が勢いを増しています。

楽天がビットコインの受付を開始!※ただし

ついに楽天が動きました。

ビットコイン採用に向けた前向きな姿勢は以前から明らかになっていましたが、ついに正式に開始することになると発表されました。

Rakuten, Inc. (TOKYO: 4755), today announced that it plans to enable customers to choose bitcoin as a payment option by integrating Bitnet’s payment processing platform on a number of its marketplaces. The Internet services giant will begin accepting the new payment method first on Rakuten.com in the US, to be followed by Rakuten.de in Germany and Rakuten.at in Austria.

ただし、日本以外での開始です。見出しを見て興奮しましたが、いまのところはアメリカ等でスタートするのみです。

日本でのビットコイン採用は、いつになるのでしょうか。

日本の coincheck が iPhone アプリをリリース!ビットコインの支払いができるアプリ

日本でビットコイン決済のプラットフォーム、及びビットコイン取引所を提供している coincheck が、iPhone アプリをリリースしました。

“日本の coincheck が iPhone アプリをリリース!ビットコインの支払いができるアプリ”の続きを読む

ヨーロッパの POS システム大手がビットコインを採用

POS 端末大手の Ingenico が、ビットコインを採用しました。

Bitcoin payments provider Paymium has partnered with one of the world’s largest point-of-sale (POS) solution providers to allow European brick-and-mortar retailers to accept the digital currency.

ビットコイン決済の Paymium が、ヨーロッパ POS システム大手の Ingenico と提携しました。この提携により、ヨーロッパでも実店舗においてビットコインを採用する新たなチャンネルが誕生しました。

ビットコインが使える場面が、オンライン、実店舗共に増えてきています。アジアでの POS 端末への対応も、期待したいです。

ビットコイン対応自動販売機も簡単に作れる!Intel が IoT のイベントでデモを公開

IoT 関連のイベントで、ブラジルの Intel 社員がビットコイン対応自動販売機のデモを公開しました。シンプルなプロダクトですが、すべてを2日で作ったそうです。

動画はこちらです。ポルトガル語です。

英語の翻訳はこちらにあります。

携帯電話と連動してビットコインを支払い、製品が買えるようになるとのことです。今回のデモ開発に使われた技術要素については、こちらに情報があります。

IoT 関連の分野で何かを作る際、ビットコイン関連製品というのがひとつの選択肢になります。決済関係の機能を比較的容易に実装できるのがその理由です。

南米ではビットコインへの注目も上昇しているため、いろんな意味でこういう製品は今後も造られていくことでしょう。

Via Bitcoin Vending Machine Made by Intel: prototype developed for the Intel IoT Roadshow : Bitcoin