Stripe がビットコインを導入

Web アプリやモバイルアプリに決済機能を提供する Stripe が、ビットコインをサポートすることを表明しました。

Stripe は、決済機能を簡単に追加できるサービスとして、開発者の間で広く知られています。その Stripe がビットコインを導入するということは、非常に大きなインパクトがあります。ビットコインを決済に使うことができる Web サイトやアプリが、今後たくさん登場することでしょう。

ウォルマートでも間接的にビットコインが使える状態になりましたので、ネット上でも実店舗でも、ビットコインが使える場面が増えてきました。今後の普及を考えると、大きなプラス要因です。

最新情報が欲しい人は、Stripe のビットコインに関するページからニュースレターを購読することをおすすめします。

ドバイは規模が違う!400台のビットコイン ATM が一斉に登場!

1台導入されたらニュースになるビットコイン ATM ですが、この度ドバイで400台が一斉に導入されるというニュースが入りました。わずか2週間で、これらを稼働させるそうです。

<

p>ドバイを始めとする中東では、そこまでビットコインが盛り上がっているのでしょうか。これまでは北米やアジアのニュースが多かったのですが、今後は中東のビットコイン動向にも注意をしていこうと思います。

ビットコインが使える場所を探せる地図

ビットコインの ATM が各地で登場しています。また、ビットコインを使って支払いができるお店も増えてきました。ところが、そういった情報がなかなか手に入らないため、実際に使ってみよう!と思い立っても一歩を踏み出すのが大変です。
そんなときに便利な、ビットコインが使える場所を探せる地図を紹介します。

リンク先を訪問すると、現在地を確認するメッセージが表示されます。承認すると、現在地周辺の情報が表示されます。

Cointerest_-_Map

ビットコインだけではなく、Litecoin も選ぶことができます。

さて、あなたの近くには使える場所があったでしょうか?この記事を執筆している最中に、現在地周辺(大阪市内)で検索してみると、いくつかお店が見つかりました。意外と見つかるものです。

韓国にもビットコインの ATM が登場

今回は、正真正銘、ATM と呼べるものが稼働しているようです。

Not only is the machine produced locally by a home-grown company, it is also two-way, meaning users can also sell bitcoins and withdraw cash.

これまでにも、購入のみができる端末、つまり ATM というより自動販売機と呼んだほうが正確な端末が登場するニュースがありました。今回は、ちゃんと現金も引き出せるもののようです。

さて、このような端末が日本にやってくる日は来るのでしょうか?

新しいビットコインの ATM が登場

各地でビットコインの ATM が誕生していますが、また新たな ATM が動き始めました。今回は、アメリカのボストンです。

この ATM でできる事は、次のようなことです。

  1. ビットコインウォレットの ID と紐付いている QR コードを ATM にかざす
  2. 入金したい金額分の現金(USドル)を投入する
  3. ビットコインウォレットにビットコインが登録される

つまり、現金を投入することによって、ビットコインへの両替とウォレットへの登録ができる端末です。ATM というより、ビットコインの自動販売機という方が正確だと思います。世界各地に登場しているので、どこかで試してみたいと思います。

eBay の CEO が PayPal の仮想通貨対応に前向きな発言

本日配信の動画ニュースでも取り上げますが、eBay(PayPal)の仮想通貨に対する態度が良い方向に向かっているようです。Bloomberg のインタビューにおいて、eBay の CEO が「PayPal で将来的に複数のデジタル通貨(仮想通貨)を扱えるようにする」というニュアンスの発言をしています。

02:50 あたりからの受け答えをご覧ください。