ビットコインのハードフォーク問題 vol.2 – ユーザーが気をつけること

ビットコインのハードフォーク問題 vol.1ではハードフォークとは何かを説明しましたが、今回はハードフォークが起きたときにユーザーが気をつけるべきことについて話したいと思います。

(1)イーサリアムのハードフォークの時に起こった問題って?

リプレイアタック/リプレイ攻撃という問題が起きました。vol.1でも述べたように、ハードフォークが起きるとビットコインの場合、10BTCを持っていたら、10BTCと10BTUをもらうことになります。イーサリウムはハードフォークしてETHとETCに別れ、それまで持っていたらETHと同じ数のETCが分配されました。

“ビットコインのハードフォーク問題 vol.2 – ユーザーが気をつけること”の続きを読む

ビットコインの使えるデビットカード:Wirex前編

ビットコインをただ保有するだけでなく、ビットコインをもっと日常的に使うためのデビットカードについての紹介です。前編ではWirexの料金形態、円への対応時期、登録方法、カードの申し込み方法を、後編ではサイトの使い方、アプリの使い方、実際の使用感について説明します。

お申込みはこちらから(発行手数料25%割引になります)

初期費用、手数料は?

まずWirexにはバーチャルカードとプラスチックカードの2種類あります。バーチャルカードはオンライン決済で使えるVISAデビットカードで、カード情報だけをもらいます。プラスチックカードは物理的なカードでマスターカードのデビットカードとなっています。

“ビットコインの使えるデビットカード:Wirex前編”の続きを読む

ビットコインのハードフォーク問題 vol.1 – ハードフォークって何?

そもそも最近耳にするハードフォークって何なんでしょうか。

ハードフォークが起きた場合?

ざっくりいうとハードフォークが起きるとビットコインがBitcoin(BTC)とBitcoin Unlimited(BTU)の2種類にわかれます。株式分割のように、現在10BTC持っている人がいたら10BTCと10BTUを付与されることになります。

ただでさえ仮想通貨って何?ビットコインって何?という人もまだまだ沢山いるなか、ビットコインには2種類あります、なんてことになったらわけがわからないですよね。そして2種類あってもビットコインを使っていない人たちからしたら、両方ともビットコインでしょということになってしまいます。

ハードフォークって何?

“ビットコインのハードフォーク問題 vol.1 – ハードフォークって何?”の続きを読む

改正資金決済法(仮想通貨法)って何?

資金決済法の改正について

昨年成立した「情報通信技術の進展等の環境変化に対応するための 銀行法等の一部を改正する法律案」が、2017年4月1日から施行します。その中の「資金決済に関する法律」に追加された仮想通貨に関する法律が仮想通貨法と呼ばれています。今回の施行により、ビットコインなどの仮想通貨が今までモノとして扱われていたのに対し、法律的に「お金」として認められることになります。この法律改正に伴い、日常的に仮想通貨を使える場所が増えることが期待されます。

では今回の改正で具体的に何がどうかわるのでしょうか。主に仮想通貨交換業の登録と規制に関して詳しく定められ、銀行や証券会社などに対して課せられている義務が仮想通貨交換業に対しても求められるようになります。

“改正資金決済法(仮想通貨法)って何?”の続きを読む