太陽光でビットコインを採掘をする機器が登場

SOLARMINER というド直球な名前の会社が興味深い製品を発表しています。

Stop paying to mine. Using our SolarMiner USB hardware platform, you can deliver zero-cost solar energy to your USB mining devices.

Web サイト上の説明によると、電気代のかからない理想的なマイニング環境をうたっています。ソーラーパワーで採掘をするということは、採掘における最大の問題である電力問題(というか電気代問題)を一気に解消する期待が持てます。

Solarminer USB is a hardware platform design to provide zero-cost to USB ASIC mining devices. Our self-contained mining devices comes ready-to-go out of the box, combining a 150 Watt solar panel, 288 Wh LFP batteries, custom USB HUB and embedded Raspberry Pi computer.

この製品は、ソーラーパネルでエネルギーを確保しつつ、自動的に USB ポートに接続した採掘機器を使って採掘を行ってくれるようです。

スペックは下記のとおりです。

  • Solar Panels: 3 Foldable Monocrystalline Solar Panels, Total of 150Watts.
  • Batteries: Total of 288Wh
  • Connections: Ethernet socket, in-box WiFi dongle
  • USB Ports: 16 USB 2.0 Ports connected to Pi.
  • Mainboard: Raspberry Pi B with 4GB SD card

Raspberry Pi で動く小型端末にソーラーパネルで電力を供給し、USB 接続の採掘機器を動かす、という仕様です。Web ベースの管理画面が搭載されているので、ネットワーク経由で設定操作ができるようです。

付属品は下記のとおりです。

  • Three Solar Panels and stands
  • SOLARMINER USB Machine (Batteries, Charge Controllers, Raspberry Pi, Custom USB HUB, WiFi Dongle)
  • Three Power Adapters

3枚のソーラーパネルがついてくるようです。

気になるお値段は、いまなら $889.00 から。この値段が高のか安いのかは、実行できる計算量によって変動しますので、リアクションしづらいです。

注意すべきは、USB 接続の採掘端末は別途必要だということです。この製品はあくまでも USB Hub です。ソーラーパネルで電力を供給して USB Hub を動かすよ!あとはよろしく!という製品です。これだけ買っても、採掘できません。

対応する USB 接続の採掘端末はこちらに掲載されています。

つまり、どれだけビットコインを採掘できるかは、接続する USB 採掘端末の性能にかかっているということです。どの採掘端末を採用するかによって、コストパフォーマンスは大幅に変わります。

というわけでこの端末は、どうしても電気代を払いたくない人、電気代が高い地域に住んでいる人、太陽光があり余っている地域にすんでいる人にとっては良い製品と言えるのではないでしょうか。

工作好きな人なら、毎週雑誌についている付録を組み立てて謎のオブジェを作るよりも、Raspberry Pi とソーラーパネルを使ってこの端末を自作した方が有益だと思います。

コメントを残す