ビットコイン相場チャート分析 – 2016年5月1日

2016年5月1日のBTC/JPYチャート分析

下落継続。48,000円レベル。

52,000円レベルの高値をつけて、そこから下落したビットコイン相場は48,000円レベルまで下落し、緩やかな下降トレンドを描きながらもレンジ入り。

スクリーンショット 2016-05-02 10.08.32

BTC/JPYの1時間足チャート。48,000~49,200円どちらを超えるのか。

52,200円レベルで頭を叩かれて下落してきたビットコインは48,000円レベルで推移。MACDはダイバージェンスを起こしていて、この2つの底が、底となって反転する可能性もあるが、それを判断するには少なくとも49,200円レベルを明確に上抜けてこなければならない。

直近の流れだけでいうと、大きく下落してその勢いは衰えているものの、波動的にも引き続き下降トレンド継続ではあるし、トレンドフォローの人は売り目線継続だろうか。勢いが緩んでいるところから筆者は積極的に売りたいとは思わないので次のチャンス待ち状態。

Chart: bitflyer  ローソク足,  MA:10 25 75 ,  MACD 12,26,9

投稿者: Takeshi

2009年12月にFXを始める。ギリシャショックで資産の落ち込みを経験するもその後徹底的な検証で毎月の安定した利益を獲得。2015年よりBitcoinの将来性と投資対象としての魅力に惹かれBitcoinトレードをスタート。現在FX、Bitcoinトレードを自身でも行いながらトレーダーの教育にも力を入れている。チャートから全ての情報を読取るチャーティスト。

コメントを残す