KeepKey がハードウェアビットコインウォレットを発売!これはカッコイイ

もう二度とビットコインを失いたくない人に、朗報です。オフラインでデータ保持でき、かつ手元に保管できる金塊のような状態にすれば、絵画の裏とか本棚の間とかに隠すことができます。

KeepKey が、そんな保管の仕方にぴったりな製品を発表しました。

ハードウェアウォレット

ビットコインウォレットをハードウェアにした製品です。パソコンの中やクラウド上にデータを預けるのではなく、それらから切り離した状態でデータを守ることができます。

今回 KeepKey が出した製品は、非常にシンプルで美しいデザインをしています。

KeepKey’s new USB bitcoin wallet has gone on sale, enabling consumers to store their bitcoins offline.

ウォレットへの入出金は、USB 経由でパソコンと接続して実行できます。

The wallet, which is on sale for $239, allows users to overcome the security problems that come with storing bitcoin on a computer or using third-party custodians.

価格は $239(約28,000円)です。すでに Amazon で販売中です。

動作の様子は、デモ動画が公開されています。ちなみに動画内の商品購入のデモで、金庫を買っています。そんな心配性な人には、ピッタリの製品です。

なぜハードウェアウォレットが必要なのか

オンラインにビットコインを置いておくことには、多少なりともリスクがあります。自分の大切なデータを管理しているはずの人が、勝手に高級ベッドを購入したりする事件もあったぐらいです。通常のクラウドサービスと違い、預けるデータ=換金可能な資産なので、慎重にならざるを得ません。

ただ、自分で保管するということは、それもまたリスクがあります。ウォレットプロバイダーや取引所に預けてしまうのと、どちらが安心できるでしょうか。それは、ビットコイン利用者にはしばらく付きまとう悩みになりそうです。

投稿者: Hiro

2013年にシンガポールでビットコインのトレードを開始。日本語の情報サイトが極端に少なかったため、ビットコインの解説や海外ニュースの紹介を日本語で行う場所として BitBiteCoin.com を設立。ブロックチェーン関連スタートアップ SIVIRA の共同創業者。複数のビットコイン関連メディアの管理人も務める。

コメントを残す