BitLicense の申請コストはいくら?

BitLicense は、その申請に関わるコストの大きさとプライバシーに対する懸念から、結果的に多くのビットコイン関連企業をニューヨークから追い出すことになりました。

では、実際にはいくらぐらい費用がかかるものなのでしょうか?

CoinDesk が、費用についての聞き取りを行っています。

CoinDesk has spoken to various companies in the space to breakdown the cost of the BitLicense application process both in monetary and non-monetary terms.

Bitstamp の場合

“Applying for the BitLicense is an expensive and difficult process, as many have noted. Some other firms have chosen to abandon the New York market entirely, rather than comply. We do not fault them for doing so,” said George Frost, executive VP and chief legal officer at Bitstamp.

Frost estimated the application cost Bitstamp roughly $100,000, including time allocation, legal and compliance fees.

申請の手続きは複雑で、費用もかかると、Bitstamp の Executive VP and Chief Legal Officer、George Frost 氏が回答しています。
同氏によると、諸々の費用を合わせて $100,000(約1,200万円)ぐらいかかっているとのことです。

MonetaGo の場合

“Given that we are a new startup company we have been extremely diligent with our expenditures. In terms of hard costs we’ve spent approximately $50,000 … by far the biggest costs have been the man-hours to date,” said Patrick Manasse, chief compliance officer.

Bitstamp よりは小規模なビットコイン取引所、MonetaGo の場合はどうでしょうか。
費用は、$50,000(約620万円) ぐらいかかったと Chief Compliance Officer の Patrick Manasse 氏が回答しています。

Manasse estimates that the team spent approximately 1,200 hours compiling the documentation for the BitLicense application, but noted that an additional 2,000 man hours had already been invested in developing MonetaGo’s global compliance program.

また、ドキュメント作成のために、おおよそ1,200時間がかかったようです。しかもそれは、MonetaGo のコンプライアンスプログラムを2,000時間かけて構築した後のことだそうです。相当な時間がかかることがわかります。

引用元記事に、その他の事例も掲載されています。ぜひご覧ください。
安心・安全のためのコストは、スタートアップには安くありません。

投稿者: Hiro

2013年にシンガポールでビットコインのトレードを開始。日本語の情報サイトが極端に少なかったため、ビットコインの解説や海外ニュースの紹介を日本語で行う場所として BitBiteCoin.com を設立。ブロックチェーン関連スタートアップ SIVIRA の共同創業者。複数のビットコイン関連メディアの管理人も務める。

コメントを残す