低価格スマートフォンが切り開くビットコインの可能性

Microsoft が Nokia ブランドの新しいモバイル端末をリリースしました。価格はシリーズ最安となる、$29です。

スマートフォンではなく、正確には機能を制限したフィーチャーフォンとしてリリースされています。

While it is true that the device doesn’t belong to the smartphone genre and will have 3G capacity, it should be anticipated that Internet access via the phone could be slow. However, it does have the capacity to connect to the Web and is said to run a number of basic apps. These include Bing, Opera Mini, MSN Weather, Twitter and Facebook.

フィーチャーフォンではありますが、一部のアプリが動作する性能を持っています。ブラウザーや SNS 関係の基本的なアプリではありますが、あきらかにフィーチャーフォンとは違う分野の製品になります。

機能を制限して価格を下げても、スマートフォンのようにインターネットに接続する機能は搭載されています。つまり、iPhone のように高価な端末を購入できない層に対しても、モバイルインターネット環境を提供できるということです。

同じ価格帯では、Firefox OS を搭載したスマートフォンもあります。格安スマートフォンという新たな市場で活発な競争が起こり、インターネット人口が急増することが予想されます。

格安スマートフォンがどのような国、地域で受け入れられるかを考えれば、ビットコインの可能性も広がります。

2015年、格安スマートフォンの市場拡大に注目です。

Via Meet $29 Nokia 215, the phone that can connect the next billion people to the Internet. This just begs for Bitcoin wallet app. : Bitcoin

投稿者: Hiro

2013年にシンガポールでビットコインのトレードを開始。日本語の情報サイトが極端に少なかったため、ビットコインの解説や海外ニュースの紹介を日本語で行う場所として BitBiteCoin.com を設立。ブロックチェーン関連スタートアップ SIVIRA の共同創業者。複数のビットコイン関連メディアの管理人も務める。

コメントを残す