アルゼンチンのコンビニでビットコイン!お金の流れが変わり始める南米

国の経済事情が深刻なアルゼンチンで、ビットコインの人気が上昇しています。

BitPagos has launched Ripio, a new bitcoin brokerage service that allows consumers in Argentina to buy small amounts of bitcoin at more than 8,000 convenience stores.

中南米の市場に特化した電子決済サービスの BitPagos は、アルゼンチンのコンビニでビットコインが購入できるサービス Ripio を立ち上げました。これよにって、アルゼンチンの 8,000 箇所以上のコンビニでビットコインが買えるようになります。

BitPagos はビットコインを扱うことによって、銀行口座やクレジットカードを持っていない人でも手軽に電子決済・モバイル決済ができる仕組みを提供できるようになります。その点では、まさにビットコインが目指した社会の仕組みが実現しつつあるとも言えます。

アルゼンチンと言えば、7月末の経済危機をきっかけにビットコインの取引量が増大したというニュースもありました。シリコンバレーに拠点を置きながら中南米の市場に特化する BitPagos には、要注目です。

投稿者: Hiro

2013年にシンガポールでビットコインのトレードを開始。日本語の情報サイトが極端に少なかったため、ビットコインの解説や海外ニュースの紹介を日本語で行う場所として BitBiteCoin.com を設立。ブロックチェーン関連スタートアップ SIVIRA の共同創業者。複数のビットコイン関連メディアの管理人も務める。

コメントを残す