大手のビットコイン決済受付で表面化した格差

Reddit に投稿された非アメリカ居住者からの嘆きが、共感を呼んでいます。

…it’s all US only!
dell.de: NOPE, expedia.de: NOPE, Shipping from US to Germany: NOPE
Hope you guys over there make so much volume, that these big company’s take a look at their “foreign” pages.

いつも対応はアメリカのみで、アメリカ国外への対応は後回しです。後回しになっているのは日本やアジア諸国だけではなく、ヨーロッパでも状況は同じということがこの嘆きからも伝わります。

ビットコイン対応を表明する大手にとっては、新しいチャレンジを全世界同時に行うことにリスクを感じるでしょう。また、特に小売系にとっては、配送の関係もあり本国(アメリカ)が優先される事情も当然理解できます。また、ビットコインに対する各国のスタンスが明確になっていない現状では、判断が難しいという背景もあります。

先日発表されたニューヨークでのビットコイン規制案もそうですが、アメリカがどんどん先行して事例を作り、新しい挑戦と成果を生み出していく姿が明確に示された形となっています。

投稿者: Hiro

2013年にシンガポールでビットコインのトレードを開始。日本語の情報サイトが極端に少なかったため、ビットコインの解説や海外ニュースの紹介を日本語で行う場所として BitBiteCoin.com を設立。ブロックチェーン関連スタートアップ SIVIRA の共同創業者。複数のビットコイン関連メディアの管理人も務める。

コメントを残す