Mt. Gox(マウントゴックス)が親会社に$200K(約2千万円)を支払っていた

マウントゴックスのその後を追跡するブログ、goxdox.org に、流出した文書が掲載されました。CoinDesk の記事が詳細を伝えています。

Controversy surrounds a leaked report that bankrupt exchange Mt. Gox paid almost $200,000 in fees to its parent company, Tibanne K.K., after the exchange had filed for bankruptcy.

流出した文書によると、マウントゴックスは5月に、約$200,000(正確には1925万3642円)を親会社に支払っていると示されています。ちなみにその親会社である株式会社 Tibanne とは、マウントゴックスと同じく Mark Karpeles 氏が代表を務める会社です。

支払いの理由は、マウントゴックスの家賃やサーバー関連費用、人件費などとされています。

The news is sure to raise tensions at a creditors’ meeting scheduled for 23rd July in Tokyo, amid other reports Karpeles himself will attend.

このニュースは、今月(7月23日)に開催されるマウントゴックス債権者集会にも影響を与えそうです。

実際の文書は、こちらのリンク先から閲覧できます。日本語の文書です。

投稿者: Hiro

2013年にシンガポールでビットコインのトレードを開始。日本語の情報サイトが極端に少なかったため、ビットコインの解説や海外ニュースの紹介を日本語で行う場所として BitBiteCoin.com を設立。ブロックチェーン関連スタートアップ SIVIRA の共同創業者。複数のビットコイン関連メディアの管理人も務める。

コメントを残す