WWDC で盛り上がる Apple が App Store 審査ガイドラインで仮想通貨に言及

Apple はいままさに、開発者会議のまっただ中です。今朝は新製品発表にともなうニュースが飛び交っています。

Apple はこれまで、基本的に仮想通貨の送金ができるアプリは排除してきました。情報提供系のアプリは承認されますが、ウォレット系のアプリを App Store で配信することは非常に難しいという現実がありました。

はっきりとした立場は不明だった Apple ですが、この度ついに明確な方針を打ち出しました。TechCrunch が伝えています。

Now, Apple has added a new rule under its App Store Review guidelines that specifically mentions bitcoin.

Apple の App Store 審査ガイドライにおいて、明らかに Bitcoin について言及されている箇所があります。

問題の箇所はこちら。

11.17 Apps may facilitate transmission of approved virtual currencies provided that they do so in compliance with all state and federal laws for the territories in which the app functions.

Apple は、政府に承認され、法的に問題がないのであれば、仮想通貨の送金を取り扱うアプリを承認するとしています。よくある、※ただしというやつですね。

これは事実上、承認しないという判断に等しいです。国や政府単位では承認されて使えるようになる地域も出てくる可能性がありますが、広く一般に使われるアプリとしては、まず登場しないでしょう。

iOS 8 や新しい Mac OS X Yosemite が魅力的なだけに、少々残念なニュースです。

コメントを残す